一括査定でブランドコピーに注意、

 

みなさんは、ブランド(Brand)ものがお好きですか?一昔、ブランド(Brand)と言えば、グッチ、エルメス(Hermes)、又、ヴィトン、シャネル等が代表的なものでしたよね。現在は、それらに加えて、多様なブランド(Brand)が存在している。若い子の間で流行しているブランド(Brand)だと、知らないものもどんどん出て来ている。私は、バブル時代に会社員として勤めていましたから、ボーナスでブランド...

ブランド(Brand)名がもじってあって、明らかにコピーと言うか、笑ってしまうくらいのコピーでしたら、シャレで購入する人も多いそうだ。グッチがグッチッチになっていたり、シャネルがチャンネルになっていたり、こうしたものは笑えますが、違法には変わりないので購入しないようにしたいだ。さて、そんなコピー商品をなぜか、自信を持って販売している会社もある。海外のメーカーで、コピー専門に作っている会社だと言いま...

製作にも一流の素材を使っていると言う。例えば、ヴィトンのコピー品、本物ヴィトン工場と同じ材料を使っています。そして、腕時計においては、本物と同じムーブメントを使っています。ですから、品質も本物と同じになるそうだ。まあ、コピーはコピーなのですが、本物そっくりなら良いと言う人の為であろうか。この会社のモットーは、「常連に安心していただける、信頼していただけるコピーをご提供すること」だと言う。しかも、購...

ブランド(Brand)品のコピー、身のまわりで結構売られている。海外で購入してくる人も多いそうだ。まあ、偽物とわかっていて買ってくる人があらかただろうが、中には本物だと偽られ、悪徳な店で知らずに偽物をつかまされた人もいるだろう。そんなことが後でわかったら、ショックですよね。本物のブランド(Brand)品だと思って買ったのに、よく見たら縫製が甘かったり、つくられた国が違っていたり、そんなことは日常的...

では、この「商標権」とは何であろうか?それは、ブランド(Brand)等のメーカーが、長い年月をかけて蓄蔵してきた信頼だ。商品やメーカーそのものに対する顧客の信頼度を権利にしたものだと思って良いだろう。まあ、一般にブランド(Brand)価値と言うものが存在しますが、それを権利化したものだ。商標権には、資産的価値がある。商標権を所有している者以外、他人がまねすることは法律で禁じられているのだ。ブランド...

ですから、ブランド(Brand)コピーを知っていて購入したとしても、個人的に使う場合は、この法律の処罰対象とはなりません。ちょっときき慣れない言い方、「業として」と言う言葉ですが、法律では良く使う言い回しであり、意味は「事業として」と言うことだ。営利目的、反復継続性の有無は関係なく、「事業として」と言う意味となる。例えば、特許製品を勝手に生産して使用したと言う場合も、それが業としてではなく、個人的...

要するに、ブランド(Brand)コピーだと知っていても、自分の為に自分で購入し、自分で使っているだけなら、犯罪行為にならないと思って良いだろう。法律はそこまでは禁じていないそうだ。ただ、自分の為に買ったとしても後にそれが変わった場合は刑罰の対象になることもある。最初は自己所有目的でブランド(Brand)コピーを購入し、その後、気が変わって、他人へ譲渡する場合もありる。もちろん、最初から転売目的で購...

みなさんは、スーパーコピーと言う言葉をご存知であろうか?ブランド(Brand)の偽物、いわゆるコピー商品のなかでも、精密につくられているかなり水準の高いコピー品をスーパーコピーと呼びます。ブランド(Brand)のコピーは安く買えるそうですが、スーパーコピーとなれば、それほど安くはないそうだ。例えば、ロレックスのスーパーコピーですと、本物のロレックスの中古が買えてしまうくらいの値段になる。ですが、ス...

お金をかけずにブランド(Brand)品を身に付けたい人は、本物の中古を買うか、スーパーコピー商品を買うか、どちらかに分かれるそうだ。スーパーコピーでもいいから、ブランド(Brand)物を身に付け幸せを感じたいと言う方が、スーパーコピーの通信販売HP(Site)等で購入するそうですが、トラブルも多いときくる。例えば、商品の支払いをしたのに、その後、連絡が無く、お金だけ払わされたと言う被害もある。又、...

ですが、どうなのであろうか?ブランド(Brand)品ではなくコピーを買おうとするだけで、こんなにもリスクがあるなんて。みなさんは、どうおもいますか?ブランド(Brand)は高い、だからコピーでいいやと、安い買い物をしようとしたら、トラブルになって、結果、お金を騙し取られて丸々損をした人もいるだろう。コピーを買おうとしたこちらも悪いと思って、届け出ない人もいるかもしれませんね。こんな詐欺行為をする会...

ブランド(Brand)のコピー商品と言うと、早速バッグや時計、財布(Wallet)等を連想しる。ですが、何もブランド(Brand)コピーは、ファッション(Fashion)グッズに限ったことではありません。ほかの品物であっても、有名であり、ブランド(Brand)価値が出ているものであれば、コピーを生産するところが出てくる。要するに人々が欲しがるものであれば、コピー、偽物は出てきてしまうと言うことだ。...

ですが、ipadまでコピーしてしまう中国ってすごいと私は思ってしまいた。違法だとしても、その技法はすごいですよね。このコピー、性能はどうなのかと言いますと、ipadに比べて、タッチパネルの反応が鈍いそうだ。又、本物と比べて液晶画面が小さいものが多いそうだ。当たり前の話ですが、アップルストアは偽物では使えません。ですから、本当なら無料でダウンロード出来るアプリ、コンテンツが使えないと言うことになる。...

みなさんは海外でブランド(Brand)のコピーを買った経験はありませんか?海外のお土産、特に中国なら定番と言って良いほど、ブランド(Brand)コピーを買ってくる人もいます。私も以前、シャネルと書かれた安物のスカーフをもらいた。早速痛んでしまい、使えなくなりましたが、どうみても偽物でした。さて、海外旅行から戻ったことがある人はご存知だとおもいますが、税関で持ち物をチェックされる。この時、コピー商品...

ちなみに、この没収品を公開した門司税関ですが、鹿児島、熊本を除いて、九州、山口県の空港、又、港において、海外から入ってくる荷物を調べています。この際、ブランド(Brand)コピー商品を発見したら没収しているのだ。ですが、こんなに広い範囲で、ブランド(Brand)コピーを取り締まるのは大変だろう。没収したその数も多いはずですよね。ちなみに2009年においては、ブランド(Brand)コピー没収数は、過...

ヤフーの知恵袋や、他の掲示板でも、「ブランド(Brand)商品を買ったが、偽物かどうかわからないので、どうしたら良いか」と言う書き込みや質問を良く見かけます。とっても安く手に入れてしまったので、不安で仕方ない人もいれば、使ってみたら、なんとなく粗悪品のようにおもえてきて不安になる人、多様な人がいらっしゃいます。私も、あまりに安いブランド(Brand)品はやはりコピーではないかと疑ってしまうタイプだ...

特にバッグや財布(Wallet)等、縫製も甘く、使っているうちに壊れる可能性もある。購入者にとっては、長く使うつもりでいたのに、とっても残念なことですよね。そういう点も踏まえて、購入したブランド(Brand)品が、本物か、コピーか、心配で仕方ない場合、それははっきりさせておいたほうが良いかもしれません。入手した経路が不安材料としてあったり、値段が安すぎることが不安材料としてあったり、不安になる原因...

さて、専門家に頼みたくない、なんとか自分で判別したい、そんな方もいらっしゃるだろう。そんな方の為に、幾つかコツをご紹介したいとおもいます。ブランド(Brand)品の財布(Wallet)、バッグには一般的に言って、シリアルナンバーが刻印されています。それはみなさんもご存知だろう。このナンバーがなければ、コピー商品である可能性が高いだ。又、保証書ですが、保証書はコピー商品でも添付されている場合が多いだ...

ブランド(Brand)のコピー、みなさんは買ったことがありますか?またはコピーだと知らずに買わされたことはありますか?誰でもコピー品を一度や二度、見たり、触ったり、手にしたことがあるとおもいます。さて、各ブランド(Brand)の直営店では、並んでいる商品にはまず、コピー品はないと思って良いだろう。ここで言う直営店とは、例えば、グッチでしたら、「グッチグループジャパン」が運営している専門店舗のことだ...

これは、コピー品ではなく、正規品の話だ。シャネルであっても、同じシャネルのバッグを買おうとする場合、原産国の直営店でしたら、日本の直営店で買うよりも安く手に入れることが出来ます。こうした理由で海外からブランド(Brand)品を仕入れている業者は多いだ。もちろん、現地の直営店で仕入れたブランド(Brand)品は全部、本物ですよね。これが最も正確仕入れ、販売の方式であり、こうした現地の直営店から流通し...

この場合は、罪にならないと言うことになる。これが故意ではないと判断されれば、刑事処罰の対象とはならないと言うことだ。そういえば、話題になったコピー商品の事件がありました。イトーヨーカドーで売られていたバーバリーが偽物だったと言う衝撃の事件でしたね。大手のデパートが堂々と偽物を販売していたわけですから、世間はみんな驚いていましたよね。実は、この事件、イトーヨーカドーにおろしていた業者が本物だと騙され...

業者も仕入れの際にチェックキャパシティが低くても仕方がないのかもしれませんね。ですから、販売業者がブランド(Brand)商品を見て、本物か、コピーか、と言う、100パーセント信用のおける鑑定は基本的に出来ないと言われている。質屋さん等で、ちゃんと鑑定しているそうですが、それが100パーセント正確と言うことにはなりません。質屋さんたちは、長い間の仕事で培ってきた経験や、研究、勉強によって、お客さんた...

それは、激安ブランド(Brand)ショップ等は、直接、ブランド(Brand)メーカーから仕入れることが出来ません。メーカーは直営店だけに安値で卸していて、通例のブランド(Brand)ショップには卸しません。海外直営店で仕入れたり、海外のアウトレットで仕入れたりしたら、安いかもしれませんが、それだけ経費もかかってしまいます。直接買い付けを売りにしているブランド(Brand)ショップも多いそうですが、...

折角のお買い物も、それがコピー商品だったとしたら?それはもうがっかりですよね。特にブランド(Brand)品は高い買い物なのですから、それが価値のないものだとわかったら、そうとうショックだし腹立たしいおもいでいっぱいだとおもいます。日本中に激安ブランド(Brand)ショップが存在していて、ネットショップも無数にある。手軽に購入出来ることから、商品を見ないで購入し、結果、コピー商品を買ってしまったと言...

沢山のブランド(Brand)品がどれも他者と比べて、断然安い場合、注意したほうが良さそうだ。一般にブランド(Brand)品を仕入れていたら、そんなに安く販売出来るはずがないと思って下さい。いくら、並行輸入品だと言っても、大はばにディスカウントすることは不可能だと言われていますから、定価よりかなり安くなっているブランド(Brand)品には手を出さないほうが無難だろう。又、お店がどれくらい信用出来るか...

それだけ沢山の人が購入していたのにも関わらず、誰もわからなかったと言うことになる。逆に言えば、今まで評価が良いばかりの出品者であっても、それは単に落札者が偽物に気づいてないだけと言うこともある。もちろん、出品者が信用出来るかどうか、オークション(Auction)HP(Site)には評価欄がある。今までの取引で良い評価、悪い評価がつけば、そこで見られるようになっています。私もネットオークション(Au...

先ほどもお話しましたが、詐欺で捕まった出品者は、何百人、何千人とコピー商品を販売していたのに、捕まるまでだれもコピーだとわからなかった場合が多いだ。ですから、そう考えると、評価欄はブランド(Brand)品については、あまり信用して良いものではないのかもしれないだ。詐欺で捕まった人、業者は、それまでコピー品を売りつけ、高い評価をもらっていたわけですから、買い手は気がつかなかったことで、次々と被害者が...

ブランド(Brand)品の多くはネットでも購入出来ます。ネットだと安いと言っても、現地の直営店よりも安く仕入れることが出来るのかと言えば、それは不可能だろう。とにかく、常識的に考えて安すぎるものには軽いおもいで購入してはいけませんね。オークション(Auction)でも安すぎた場合、安易に入札せず、「待った!」と言うおもいで参加しよう。もちろん、中古品等はブランド(Brand)でも安くなっていますの...

ネット上で写真を見ただけでは、それがコピーなのかどうか、分からないだ。画像が別の本物の画像になっている場合もありますから、出品されているそのものの画像になっていないかもしれません。と言うことは、写真を見ただけでは判断出来ないと言うことになる。とは言うものの、実は画像を見てコピーやまがい品だと判別出来る場合もある。それは、明らかにそのブランド(Brand)、例えば、シャネルでは出していない形のバッグ...

それはそうだろう。コピー製造会社も問題点を改善し、コピーだと見破られないように、日々、研究、改善であろうからね。又、有名ブランド(Brand)、グッチのコントロールカード。これを見たら、本物か、コピーか一目瞭然だと言う情報がある。一般的に知られている見分け方で、コントロールカードに印刷されている数字の何処か一部が切れているものは、正規品で、切れていないのが、コピーと言うことがある。ですが、実際、本...

又、刻印も本物のヴィトンは「LOUISVUITTON」のスペルのなかで、Oの字が、円形になっています。縦長の通例のOの場合、コピー品の可能性がある。こうした見分け方のコツは、ネットでいくらでも探せます。と言うことは、コピーをつくるほうも見ていると思ったほうが良いだ。本物かどうか素人でも判別する方式をまとめますと、まず、画像では判断出来ない、値段が安すぎるときは疑う、ショップの信頼性を調べる、オーク...