着物買取、

着物の処分方法のいろいろ

着物買取

 

箪笥にしまってある着物を処分する方法はいくつもあります。

 

思い出の多い着物、高価だった着物であればあるほど、その価値を生かした処分を考えたいものです。

 

とはいえどんなものが価値ある着物なのかは素人にはわかりにくいものですね。

 

そのためタダ同然で高価な着物を処分してしまい後悔している人はとても多いのです。

 

これからお手元の着物を処分するにあたっては、「買い取り」など含めてあらかじめ知っておくと、損や後悔をせず気持よく処分することができますよ。

 

まずは着物は高値で買い取ってくれるところがあるということをご存じですか?

 

着物の処分として一番価値ある処分方法としては買い取りしてもらうことです。

 

買い取りといっても、「着物がお金に変わる」という意味合いでいえば、「着物買い取り専門店に買い取ってもらう」ほか、「質屋に買い取ってもらう」「骨董品店に買い取ってもらう」「リサイクルショップに買い取ってもらう」「オークションに出品する」「フリーマーケットに出品する」などの方法があります。

 

着物をお金に代えなくてもいいというのなら、「知人など欲しい人に譲る」「寄付する」「リメイクする」「ゴミとして捨てる」といった選択肢があります。

 

おばあ様やお母様の大切にしていた高級なお着物などは、自分が着る予定がないのであれば、誰か必要な人にわたって利用してもらえればとても喜ばしいこですね。

 

それも価値あるものとして価値に見合うお金が受け取れればそれにこしたことはありません。

 

そこで、着物をお金に代える処分方法をまずお伝えします。

 

そしてお金にならなくてもいいという考えであればどうしたらいいかも知らせします。

 

最終的に買い取りを依頼しようとしたときに、できるだけ高く買い取ってもらう方法もお伝えします。

 

着物買い取り専門店に買い取ってもらう(不用品買い取りサービス利用)

 

処分しようかどうしようかと迷う着物や帯があれば、「着物買い取り専門店」に買い取ってもらうのが一番いい方法でしょう。

 

なぜかというと、一番高値で買い取ってもらえる可能性が高いからです。

 

着物の良しあし、価値のあるなしなどの見極めは、専門の知識が必要になってきます。

 

そのため買い取り業者は、「高く売れそうな着物」を見極めて、そうした着物をたくさん欲しいのです。

 

買い取りの目的が売るためですから、その目利きもたしかなものでしょう。

 

買い取ったものが必ず売れるだろうという経験や見込みで買い取るので、よいものを見極めてくれます。

 

作家ものや有名産地のわかるもの、サイズの大きいもの、染めや織りの技法が優れているものなどを選別して、高価で買い取ってくれます。

 

売る方も新たに着てもらえる人にわたると思うと、手放すのもそんなに淋しくなくなります。

 

着物を質屋に買い取ってもらう

 

着物を質屋に買い取ってもらうことも、処分買い取りの方法としては有利です。

 

質屋の目利きも優れていると思いますから、価値のある着物の見極めはしてもらえます。

 

質屋は昔はお金を借りる目的で利用したものですが、処分したい目的で質屋を利用するなら、お金に代えるだけ(買ってもらう)目的での利用になります。

 

質屋としても価値のないものは、欲しくありません。

 

当然古物商として転売目的で買い取ってくれるわけなので、質屋としてもできるだけ価値のある高価で転売できそうなものが欲しいはずです。

 

とはいえ質屋は見渡せばまだ地元にも何件かあるのではないでしょうか?

 

持ち込みをするにしても、近いところであれば利用しやすいというメリットはあります。

 

骨董品店に買い取ってもらう

 

処分したい着物を、骨董品店に買い取ってもらうこともできます。

 

着物も骨董品として価値があるものであれば、買い取ってもらえます。

 

あまり新しい現代のものはむつかしいかもしれません。

 

というのも骨董品としてお店に来た人に販売できるかどうかが仕入れの目安だからです。

 

新しいのか骨董的価値があるのかもわからないという場合は、持ちこんで査定してもらってもいいでしょう。

 

とはいえ骨董的価値のある着物は、生地の傷みや退色などで買い取り不可能という場合もありますので、これは専門家が見て判断するしかないと思います。

 

リサイクルショップに買い取ってもらう

 

リサイクルショップに買い取ってもらうという処分方法があります。

 

今や全国各地にできたリサイクルショップですが、多品目を扱っているリサイクルショップでは、細かく査定するというより、重さや一袋いくらというスタンスで買い取ることが多いようです。

 

いいものも悪いものも、目利きできる人が少ないということもありますし、リサイクルショップでは高価な価格では売れにくいということもあり、買い取り価格も少額です。

 

しかしながら帯締めや帯揚げ、草履などの小物についても買い取ってもらいやすいので、高価な査定を求めていないなら持ち込んでみるといいかと思います。

 

オークションに出品する

 

着物をオークションに出品して販売するということもできます。

 

写真をとったり商品説明をしたり、購入者とのやりとりなど、オークションならではの手間はかかります。

 

送料のこと、発送のことなどもあり、一品ずつ行っていると時間も手間もかかります。

 

高額で売れそうな商品であればいいですが、少しでも汚れやスレなどあれば、着用不可能となって数百円〜2,000円程度にもならないこともあります。

 

手間がかかる割にはお金になりにくいことが特徴です。

 

フリーマーケットに出品する

 

着物をフリーマーケットに出品するということで、お金に代えることもできます。

 

フリーマーケットに出すには、決まった時間と場所に持ち込んでお店を出さなければなりません。

 

ある程度まとまった着物や帯小物類があれば、店頭に並べることで買ってもらいやすくなります。

 

ただ出展料がかかる、売れ残ったものは持ち帰らなくてはならない(処分できない)ことになります。

 

お客さんと会話して楽しみたいという人には向いていますが、着物の知識がないと値段がつけにくいかもしれません。

 

知人など欲しい人に譲る

 

ここからは着物の処分といってもお金に代わらない処分方法です。

 

もし着物愛好家の方があれば、その人に譲ることで処分してしまいます。

 

着物は誂えて仕立てるものなので、体型がかけ離れていると譲っても着てもらえないかもしれません。

 

細くて小さい着物は、太った大きな人は着れませんから。

 

でも大き目の着物は、小柄な人でも少々のサイズ違いなら着ることができます。

 

また大きい着物を小さく仕立て直すことはできますから、着物愛好家の方には喜ばれるでしょう。

 

とはいえ仕立て直しにもお金がかかりますから、好みでない着物をもらっても何万円も出して仕立て直しはしにくいものです。

 

譲ってもらった人も、気に入らないとも言いにくいでしょうから、好みが合ってある程度サイズが合うというのが譲る方としても気が楽です。

 

あくまでも「いい着物をあげる」という目線でなく「不要になったので好みに合うものがあればどうぞ」という軽い気持ちで差し上げるといいですね。

 

慈善団体に寄付する

 

着物の処分には、慈善団体に寄付するという方法もあります。

 

自治体やNPO法人などで着物の寄付を受けているところがあります。

 

ですがあまり多くないのが現実です。

 

寄付ですから見返りはありませんが、手持ちのものを全部寄付できるのか、選別しなければならないのかなどは、それぞれのスタンスがありますから確認の上寄付することになります。

 

「リメイクする」

 

箪笥にある着物でも、七五三や結婚式などの思い出の着物もあることでしょう。

 

お母様おばあ様の特別の思い入れのある着物もあることでしょう。

 

そんな着物は手元に残しておきたい、ということであれば、リメイクをして身近に置いておくのもいい方法です。

 

裁縫が得意なら、スカートやワンピースなどの洋服に、ブックカバーやクッションカバーなどの小物にもできます。

 

またリメイク店にお願いすれば、デザイン性のあるおしゃれなドレスなどにリメイクしてもらえます。

 

ゴミとして捨てる

 

何も考えたくないなら、ゴミとして捨てるのもありです。

 

燃えるゴミの収集日に、ゴミの指定袋に入れて出すだけです。

 

簡単ですが、なかなか捨てられないという着物があれば、その中には高価なものがあるかもしれません。

 

これは良さそうなものかな?と思うものがあれば、ゴミになるより誰か知らない人が着てくれる方がいいかもしれないですね。

 

もしそう思えれば、「着物買い取り専門店」に買ってもらうのが手放す方としても安心できます。

 

「着物買い取り専門店」は近くになくても、段ボールで送るまたは、査定に来てくれる業者もありますよ。

 

着物買い取り専門店に高く買ってもらう方法とは(不用品買い取りサービス利用)

 

「着物買い取り専門店」に買い取ってもらうのが一番高く買い取ってもらう方法です。

 

それは目利きできる人が必ずいるので、売れそうな着物は必ず高く買い取ってもらえるからです。

 

着物のよさ、価値を客観的に判断してもらえるので、素人が判断するより確実ではあります。

 

しかしながら、素人だからといっても、これを知っておけば、さらに高価に買い取ってもらえます。

 

そのポイントとは・・・

 

合い見積もりをとる

 

高値がつくかどうかは、業者のそれぞれの判断基準がありますから、いくつかの業者の見積もりをとって比較検討するとよいです。

 

価値の高いものほど価格の開きが大きいので、作家ものなどよさそうだと思えるものをお持ちなら、ぜひ業者の合い見積もりをとってみましょう。

 

不用品買取サービスまたは「着物買い取り専門店」の見積もりです。

 

業者のホームページに買い取り価格のおよその目安が書いてある場合もあります。

 

さまざまな業者を比較することで、最も高い価格がついたところで買取ができますから、損することもなく手放すことができます。

 

高く売れそうな着物を知る

 

着物の知識が全くないと、どの着物を見ても区別がつかないものですが、着物と一言でいっても多くの種類があります。

 

その中には、高値で売れるものと売れないものがあります。

 

高値で売れるものといえば、有名な作家さんの作品(作家さんの名前印が入っていたりします)、長じゅばんと着物がセットになってる未使用の着物、デザイン性のある現代でも通用する着物、質や技法が優れている着物などです。

 

最初にあつらえたとき高かったら高いとは限りません。

 

中でも高価な買い取りになるのは、貴重品として技術的に精密な有名作家さんの着物は、何十万という高値になるでしょう。

 

日本では人気のなくなっている着物も、海外からは引手が多く人気があるようです。

 

海外で高値に売れる着物は、やはり高い価格で買い取りしてくれます。

 

 

一方買い取り価格の安いものとしては、ウール素材の着物、長じゅばんだけの単品、サイズが小さい着物は買取価格が低くなります。

 

また質の良い着物でも、素人が見てわかるシミや汚れのあるもの、裏地が汚れていたり、カビが生えている、色が褪せているなども価格は安いです。

 

安いだけならいいですが、絹の材質はよくても、そういった難点があると買い取ってもらえないものもあります。

 

セット、サイズで価格が変わる

 

着物を買い取る際、着物と長じゅばんがセットになっていると、価格が高くなります、それはセットになっている方が価値が高いからです。

 

またサイズでも価格が変わってきます。

 

昔の人の体型は小柄な場合が多いのですが、現代は体格がよくなっています。

 

そのため小さいサイズの着物は人気がなく、現代人の平均以上あるサイズがとても人気がるので高価買取になります。

 

小さいサイズのものでも、縫込みが多く仕立て直ししやすいものはそこそこの買い取り価格がつくこともありますが、やはり大きいサイズが断然高い買い取りです。

 

また着物の柄や色が、20代でなければ絶対着れそうもないような派手なものだと、買い取り価格は低めです。

 

帯は派手なものも地味なものも、あまり価格に差はないうようです。

 

それでも昔の帯で平均より短い帯、幅の狭い帯などは価格が安くなります。

 

汚れやシミ、ほつれやスレ、色あせなどがあると、買い取り価格は低くなり、ものによっては買い取り不可能とされることもあります。

 

小物の買い取りができるかどうか

 

着物を着るにあたっては、帯が必ず必要です。

 

着物買い取り専門店は帯も当然買い取ってもらえますが、小物は制限のあるところもあります。

 

着物に使う小物といえば、「帯締め」「帯揚げ」「草履」「バッグ」が主なものですが、ほかにも下着、腰ひも、着物用ベルト、足袋、コート、羽織、ショールなどがあります。

 

どれも着物を着るにあたっては必要なものなのですが、これらはその業者の販売力によって、買い取るかどうか基準がわかれます。

 

新品の小物であるかどうか、セットになっているかどうか、などの基準もあるので、小物の買い取りができないとなると、処分に困るので、必ず確認をとってください。

 

査定がつかないものの処分方法

 

「これはいい着物だから」とこちらが思っていても、実は「買い取り価格が付かない」という場合があります。

 

残念ですが、そこにクレームをつけて買い取り価格があがることはまずありません。

 

買い取りができないといわれたものについては、送り返してもらうか業者で引き取ってもらうかどちらかを選択しなくてはなりません。

 

「買取できない」と言われたものは、別の業者に送ってもだいたい買い取りできないようなものが多いです。

 

それでも近くのリサイクルショップにもっていけば、わずかながらの金額にはなるかもしれません。

 

買い取りできない着物については、業者で処分してもらいたいということなら、「処分します」と明記している業者がよいですね。

 

もし送り返して欲しいのであれば、その旨できるかどうかを確認しておきましょう。

 

着物買い取りの優良業者の選び方

 

高額な価格のつくこともある着物の買い取りでは、先に話したような合い見積もりをとることで、価格の比較をすることが大切です。

 

それとともに、業者の選択にあたっては、こんなことも注意しておきたいです。

 

不当な査定をしていないかどうか

 

着物の買い取りは購入の時点よりは当然価格が安くなります。

 

それはわかっていても、業者の中には、こちらが素人で着物の知識がないことをいいことに、不当な査定をしてくる業者もあります。

 

こちらは相場そのものがわからないので、業者のいいなりの値で買いたたかれることがあります。

 

そのためにも合い見積もりを取りたいのです。

 

そして優良な業者であるかどうかは、査定内容がわかりやすい、対応がスムーズ、不快感がないなども基準にして何社からのうちからここなら優良な業者だと納得できるところを選んでください。

 

納得できるかどうかの自己判断を

 

着物の買い取り業者が悪質なところでないかどうか、最後は個人的な感覚で決めざるを得ないところもあります。

 

査定のとき、判断がぶれたり、何かとケチをつけて価格を下げようとしたり、価格がつかない選別が多かったり、理由を聞いてもはっきり答えないなど、業者が有利な立場を利用してこちらの話を受け付けないこともあります。

 

自宅に来て査定してくれる着物買い取り専門店もありますので、買い取りを頼みやすくなっていますが、説明に納得して気持ちよく買い取りをすすめてください。

 

着物買取の申込み先はこちら

満足買取の買取プレミアム
出張買取を行っているところです。しかも『全国対応』が最大の強みですね。ネットで申込み、全国を巡回している担当者に直ぐに来てもらうシステムができあがっています。最低30分で伺いますと言うのはスゴイやる気のある買取専門業者です。

買取プレミアム公式ページ


満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】
ここも出張買取を行っている所です。出張買取をここも負けまいと最短30分で伺うと言うことです。ネットで申し込んで査定員に来てもらって着物の査定をします。査定は無料はもちろんですね。キャンセルも無料ということですから安心です。買取代金もその場で受け取ることが出来ます。

スピード買取.jp公式ページ


宅配着物買取ヤマトク
こちらは、宅配買取をしているところです。汚れていても、紋付でも着物関連品なら基本的に何でも買取りをしてくれます。ネットで申し込むと 無料で梱包キット(ダンボール等資材一式)が送られてきます。面倒な会員登録とかは無しで申込み出来ます。査定を断割られることがないと言うことで人気です。査定員が家に上がり込むのがイヤという人には気楽でいいですね。
全国対応、査定無料、送料無料で、まず無料の梱包キットを申し込んで、買取して欲しい着物類を詰めて送料無料で送り返すだけです。

宅配着物買取ヤマトク公式ページ


【着物買取】宅配買取の久屋
ここも宅配買取している久屋です。着物関連品なら基本的になんでもOKということです。こちらも、無料で梱包キット(ダンボール等資材一式)が送られてきて、買取してもらいたい物を詰めて送り返すだけです。

着物宅配買取の久屋公式ページ


着物買取記事一覧

実家の母がなくなって三年ほどになります。そろそろ兄のお嫁さんから遺品の着物を整理してくれないかと言われました。母が大切にしていた着物は、すぐに処分せずに箪笥にいれたままとっておいたのです。母が長年かけて買い足していったものですがら、すぐ捨てる気持にはなれませんでした。それに親類などに譲るかもしれないとの思いもいもあったのですが、結局だれも使わないままです。そのため実家でももてあますようになったとい...