着物の着付けまとめ、

着物買取

根っから、着ものという言葉はもっぱら「着るもの」という意味でした。つまり、単純に衣服のことを指し示す言葉ということですね。昔は日本では「着もの」というと、今とは違って一般的な衣服を指す言葉として使用されていたそうです。その定義が変わったのは、日本に洋服が伝えられてからのことです。西洋文化の普及が明治以降急速に進み、洋服をきる人が非常に多くなってきたことから、洋服と区別を附けるために「和服」という言...

現代社会において、着ものはある意味特殊な衣服です。着付けが出来る人も断じて多くはなく、羽織る機会も入学式などの特別な式の時のみになりつつあります。普段から着ものを愛用する人もいないわけではありませんが、比率からいえば稀です。但し、着ものの着付けを覚えたいという人は結構多いようで、着ものに対する関心はいつの時代にも手広く寄せられています。そんな着ものの歴史を読み解くと、その源泉は縄文、弥生時代からと...

明治時代に入ると、日本の生活模様は一変する。開国、そうしていわゆる「明治維新」によって、他国からの様々なもの品が一般人にも購入出来るようになっていきました。こうした異文化交流によって洋服が誕生し、それによって「和服」、そうして「着もの」が誕生しました。こういうころには、一般人の衣服は現代にほど近いくらいまで簡略化されていたので、着ものの着付けは徐々に必要なくなっていました。その一方で、かなり文化の...

戦時中は、動きやすい服装をということで、何だか着ものを着る機会を得られなかったのですが、戦後になると、着ものを羽織ることが出来るようになりました。戦時中においては、和服は動きやすく作られた「もんぺ」が主流でしたが、戦後になると、その「もんぺ」が戦争の象徴、あるいは戦時中の貧しさを思い返させるものとなったことから、徐々に廃れて言うようです。そうして、着ものというものも、同時に一般人から離れていきまし...

現代では、着付けがしんどい、高価という理由で一般人が着ものを羽織る機会は特別な式以外にはおそらくなくなっています。とはいえ、冠婚葬祭をはじめとする正式なお呼ばれの席には着もので出席望むという人も根強く存在する。そのため、着付けを覚えておきたいという人は現代になっても非常に多くいるようです。着ものの着付けをしっかりと学ぶためには、本当に着ものという衣服が如何なるものであるかを理解する必要があるでしょ...

基本的な着ものの構造は、一般的な衣服、すなわち洋服とは一線を画しています。着ものと比較陥ることが多いドレスやタキシードと比較しても、その違いは明らかです。これらの洋服の正装もなんとなく普通の衣服とは違う面がありますが、着ものほど着付けが耐え難いことはありません。着ものは、世界的に見ても着付けが酷い、非常に敷居の高い衣服なのです。そういう着ものの構造を見ていきましょう。着ものの大きな特徴は、長着であ...

女性の着ものというと、ある意味着ものの代名詞でもある「振袖」をイメージする人が多いのではないでしょうか。振袖は、袖が非常に幅広く帯を腰の上辺りで巻いている着もので、成人式の日には着て歩いている女性を手広く見かけますね。たぶん、着ものの中でとにかくポピュラーな種類かと思われます。もしかしたら、着もの=振袖、と思っている人も多いのではないでしょうか。ただ、実際には振袖は着ものの中のひとつであって、他に...

振袖の着付けをするためには、数多くの小もの類を準備する必要があります。振袖は、ただ衣服だけを纏えば嬉しいというものでもありません。全てを備えて、ようやく振袖の着付けと言えるのです。振袖の着付けのために用意するものは、着ものの中それでもはなはだ多い部類に入ります。予め、着ものそのもの、襦袢、帯といった基本的なものを用意行なう。襦袢というのは、着ものを着る際の肌着です。着ものをきる場合は下着はつけない...

振袖に限ったことではありませんが、着ものをきる場合には補正をします。着ものの着付けの際に行なう補正は、着崩れを防ぐためのものです。最も振袖に当てはまることだが、着ものは洋服よりも余分なシワや緩みができ易いという特徴があります。直線裁ちのためシワなどができると目のぼり易く、また体型によって凹凸ができ易い生地でもあるのです。そういった点を考慮し、振袖をはじめとした着ものの着付けの際には、凹凸やシワなど...

着ものの着付けの際に行なう補正には、基本的にタオルを使用決める。補正用のパッドなども市販されているのでそれを利用しても良いのですが、あまり着ものを着る機会が薄い場合には、あえて補正用の道具を買わなくてもタオルを使ったほうが経済的ですね。なのでここでは、タオルを使った補正方法を紹介決める。衿元の補正は、タオルを短冊状に折り、左右の肩に当てて行います。みぞおちの補正もこれで兼ねることが出来るので、なか...

長襦袢は、着ものを着る際の肌着になります。肌着といっても洋服を羽織る時に身に羽織る下着のような感覚とは異なり、着ものの下に着る衣服といった方がいいかもしれません。こういう長襦袢に関しても、着付けの際にはポイントがあります。見えない部分だからと長襦袢をいい加減に着てしまうと、その上に着る着ものも着崩れしてしまう恐れがあります。振袖の場合は、それほど長襦袢をしっかりと着付けておかないと形が整いませんの...

長襦袢を身に付けたら、次はこれから振袖の着付けとなります。着ものの着付けの中けれども最も難しいとされている振袖ですから、それでは着こなすことよりもきる手順を感じ取ることに集中ください。そうしたら、徐々に美しさを追究すれば良いかと思います。着ものは美の追求であると同時に、礼儀作法を重んずる衣服でもあります。着付けを間違わないようにすることが第一歩なのです。振袖の着付けに用意する道具は、振袖の他、紐、...

振袖を着付けする際、上前を下前に被せた時点で振袖としての形は整います。とはいえ、着付けとしてはここまでで前半が終わった時点です。着ものの着付けにおいては、かえってここからが重要となってくるのです。着ものの中それでも形を調えるのが厳しい振袖においては、それほどそうです。後半をどんなに間違えず、かつ美しくするかによって着付けの完成度が大きく変わるのです。それでは、余分な箇所を整理ください。下前の脇部分...

振袖の着付けをする上で、帯揚げは非常に大きな影響力を持ちます。着ものをきる際、帯は単純に着ものの着付け上重要な役割を許すだけではなく、見た目自体においてもかなりのポイントになります。着ものを着ている人を見た場合、帯に自然と目がいきますね。それくらい、帯には重要な意味合いがあるのです。帯揚げは、こんな帯をサポートするためのものです。見た目は二度と派手ではありませんが、帯との兼ね合いやバランスを考えな...

帯を固定し、助ける上で、帯締めの存在は欠かせません。着ものの帯は、本当は非常に不安定で、一気に異なりてしまいます。その帯を帯締めと帯枕によって助けることで、安定させることができます。帯がしっかりと結べていると着ものが安定し、着付けの完成度に直結行う。きちんと着付けをしたいのであれば、帯締めの結び方もしっかりと覚えておきましょう。帯締めの結び方それでは、基本と達する本結びを取り敢えず覚えておく必要が...

華やかな振袖の中けれども、中でも目立つ箇所といえば、さすが帯ではないでしょうか。帯は、着もの、更に振袖を着ける場合においては非常に大きな役割を担っています。着ものを身体に密着させ、固定させるという構造的な役割が第一となりますが、それと同じくらい、見た目に送る影響もでかいのです。帯の締め方が、着付けの最大のポイントと言えるかもしれません。それくらい帯の役割は大きく、帯がしっかりと締められていないと全...

様々な種類の着ものの中で特に有名な振袖には、いくつかの分類があります。おんなじ振袖でも、その種類によって、見た目は無論のこと着付けの方法もある程度変わってきます。着付けをしっかりとマスターする上では、振袖の種類にも目を向けておいた方が良いでしょう。振袖の種類には、主に「大振袖」「中振袖」「小振袖」の三つがあります。大振袖は、最も大きいタイプの振袖です。割り方昔からあるタイプの振袖で、古典柄のものが...

今の日本の日常生活で、着ものを着て話すということは僅かと考えて良いでしょう。現代の着ものの役割は、どうしても冠婚葬祭をはじめ、特別な式がある場合の正装として着付けを行なうケースがほとんどです。和服の正装というのが、今の着ものに断然良い役割といえます。その一方で、日常的にはおるものの中に着ものかどうにか微妙なラインの衣服がありますね。それは、浴衣です。浴衣は、当然ながら礼服ではありません。日常的に羽...

浴衣の着付けは、他の着ものと比べるとそこまで神経質に繋がる必要はないと考えて問題ないでしょう。実際、夏祭りや温泉ではおる人のほとんどは、からきし着付けという意識も無く着ているのではないでしょうか。基本的には、でも問題はありません。礼服ではないので、そこまでしっかりする必要はないのです。ただ、最低限の着付けは覚えておいたほうが、自分自身をよくあげることができます。浴衣の着付けの仕方は、とにかく肩に羽...

浴衣を羽織る機会は、ちゃんとした着ものに比べると多いでしょう。夏になると、普段着としてきる人もいるくらいです。「甚平」にほど近い感覚で着ている人も多いでしょう。ただ、甚平は和服ではあっても着ものというカテゴリーには入らないので、その点では著しく異なります。浴衣を着ける機会が別に多いのは、夏祭りや温泉街といったところですね。夏祭りには、たくさんの人が浴衣を身にまとって街に出掛けます。夏祭りの雰囲気は...

振袖や浴衣以外の女性用着ものとしては、黒留袖や色留袖があります。それぞれことなる特徴があるので、それぞれ覚えておきましょう。尚、着付けに関しては、双方の着ものにおいてそれほど差異はありません。黒留袖は、結婚式の際に母親、仲人といった血縁者の既婚女性がはおる着ものとして定着しています。留袖という名称の由来は、振袖の長い袂を切って袖を留めるというところからきています。また、「袂を別つ」という言葉の由来...

着ものには、それぞれ「格」というものがあることをご存知でしょうか。着ものには、どういった式、どういった場で着用決める、という決まりごとのようなものがあります。格が高まるにつれ、着ものの着付けの難易度も上がります。これは、その式や場において良い着付けというものがあるからです。いずれにせよ、こういう格をしっかりと理解していないと、専ら着ものを着ていれば嬉しいというわけでは乏しいケースもあるため、自分自...

パーティーなどの社交の場に和装で出掛ける場合は、留袖や振袖では無く訪問着を着用するのが一般的です。着ものの中においては、こういう用途に関する区分けがしっかりとされているので、間違えないようにする必要があります。そうして、こういったそこそこカジュアルな場に出掛ける場合、訪問着よりさらに格を落とした着ものも着用できます。それは、付け下げです。付け下げというのは、訪問着をもっとシンプルにした着ものを言う...

結婚式やお葬式といった冠婚葬祭は、着ものを着用する頻度の何より厳しい機会です。ですが、全ての式でおんなじ着ものを羽織るということは、当然のことながらあり得ません。結婚式に着ものを着ていく場合には、振袖や留袖、あるいは訪問着を着用して出席するのが一般的です。それに対し、お葬式や告別式に着もので参列する場合は「喪服」を着用行う。喪服は、黒無地で5つ紋付のものをはおるのが一般的です。ほとんどの喪服は、こ...

着ものというと、女性がはおるものという意識が先入観としてある人が多いかもしれません。いざ、着ものの代名詞とも当てはまる振袖は、女性専用の着ものです。また、喪服などの礼服に関しても、ほとんどは女性用の着ものがイメージとして先行しますし、実際問題として男性用の喪服の多くは洋装です。ただ、男性用の着ものが乏しいというわけではないということは、多くの人が認識していることでしょう。実に、男性が着ものを着てい...

男性が着ものをきる場合、女性とは帯の結び方が大きく異なります。男性の着ものの着付けは、女性ほど華やかには終わりませんそれは帯に関しても同じで、案外質素な結び方を行う。重要なのは、どんなに間違いなく着付けを行うかという点です。男性の場合は、着付けに正確さを一層求められるため、帯の結び方もしっかりと覚えておきましょう。男性の着ものの帯結びでやはりポピュラーなのは、「男結び」と呼ばれるものです。男結びは...

男の着ものである袴や羽織というのは、そこそこ雑に扱われがちです。そのため、女性の着ものほど着付けがしっかりとしていない人が多いと思われます。これは、単純に女性のように繊細な着付けを控える人が多いということと同時に、男性の着ものの構造的な問題があるためでしょう。女性の着ものは、振袖や留袖など非常に華やかな外見とは裏腹に、多少なりともズレると丸ごと着崩れする繊細さがあります。それに対し、袴や羽織に関し...

年間を通して、着ものをはおる頻度は男女問わずそんなに多くはないでしょう。着ものを着ける仕事をしている場合を除けば、成人式や卒業式、あるいはパーティーなど、数える程度の機会しかありません。こういう催しが薄い場合は、ほとんど家の中で眠っていることになります。着ものにおいては、こういうしまっている状態が非常に重要となります。着ものの着付けをする場合、流石着付けの仕方は重要ですが、それ以上に重要なのが着も...

子供が着ものを着ける機会といえば、七五三ですね。七五三は、3歳、5歳、7歳の時にその成長を祝って、お寺や神社にお参りにいく行事です。基本的には、男の子なら3歳、5歳の時に、女の子なら3歳、7歳の時にお参りに行きます。七五三のお参りにいく際には子供に着ものを着付けることになりますが、これがさほど難しいと言われています。子供の着ものはかなり少なく、大人の着物とは勝手が違うからです。その点も踏まえ、簡単...

着ものを着る機会は、現代社会では特別なシーン以外ではほとんどありません。着ものの着付けを知らない人が多くなるのも、無理の弱い話です。ただ、今の社会であっても、着ものを着るという風習は多分に残っています。それは決して公式の行事とは限らず、様々な場面で着ものを見分けることができます。振袖や留袖のイメージが強い分、実に着ものと気付かないものも多数あるので、本当はこれが着ものだというのはほんとに知られてい...