ストロボ、

「ストロボ」の語源について説明します。ストロボとは、放電発光によって内光撮影装置のことで、現在では大きく出回っているものです。前もってストロボは放電発光によって回転数を測定する「ストロボスコープ」というものが語源となっています。つまり「ストロボ」という言葉は登録商標です。ストロボのことを一般名詞でいうのならば「エレクトロニックフラッシュ」とか「スピードライト」と言います。カメラ製造会社まずは、ニコ...

スローシンクロ撮影を使えばストロボが行き届かない夜景などの撮影もうまく撮ることができます。スローシンクロ撮影では物悲しい背景への露出はそのままで人ものなど近くの被写体にストロボを発光させる方法です。スローシンクロを使うと被写体と夜景を共々適正な露出にすることができます。ただしシャッタースピードが遅くなってしまうので三脚を使っての撮影が必須となります。夜景を背景にしたときの撮影では露出時間を長めにし...

ストロボ光が被写体まで届かないと、ストロボとして撮影したとしても被写体が暗く写ってしまいます。ストロボ光は何メートルの範囲内ならばかしこくたどり着くのか、そして適正な露出にするためには絞り値をどれくらいにいいのか考えてみます。ストロボ光がどれくらいまで近付くかについては、数式によって計算することができます。まず自分のカメラのストロボについているガイドナンバーをチェックします。ガイドナンバーとはスト...

「ストロボ」はアメリカのストロボサーチ社の商標です。但し日本国内においてはストロボという言葉が一般名詞のように浸透しています。一般的にプロ用のカメラを覗いては一般向けのコンパクトカメラには概してストロボが内蔵されています。物悲しい場所での撮影時に光を賄うために内蔵されています。但し内蔵ストロボによって撮影すると、人ものの顔が光ってしまったり大笑い影が写ってしまったり背景が暗くなってしまったりするこ...

プロがスタジオで撮影するときなどに一般的に使われているのが「ジェネレータータイプ」です。ストロボの電源であるジェネレーターと発光部であるフレッシュヘッドが分離しているタイプです。ジェネレーターには「発電機」に関してがあります。ジェネレーターの仕組みはコンデンサーに電気のエネルギーを溜めておいて、カメラにつながっているコードを通じてシャッターを押したときに信号が送られて発光部内にある放電管へいっぺん...

ストロボジェネレーターにもカメラなどと一緒で一般に普及している普及機、中級機、高級機などの種類があります。どのストロボジェネレーターもプロのカメラマン仕様になっています。中けれどもハイエンドモデルは最新のデジタル技術を取り入れていて普及機には欠ける機能があったり、使い勝手がよかったりします。ハイエンド機の特徴を挙げていきます。複数の出力コネクターのついているものは複数のチャンネルを独立調光させるこ...

シグマが発売したEF-610 DGシリーズはクリップオンタイプのストロボです。各メーカーのデジタル一眼レフに対応しているストロボです。キャノン用とニコン用がいまや発売されていて、2011年3月には新たにペンタックス用を発売しています。このシグマ EF-610 DGシリーズにはワイヤレス機能やスレーブ発光、FP発光やモデリング発光、後幕シンクロ機能などがついている多機能型のSUPERとこれらの機能は...

ストロボには基本的使い方、プロが扱う使い方以外にも各種使い方があって自由に遊ぶことができます。たとえば下からストロボの光を顔に照らして撮ると、怪談話にでてきそうな恐い写真を撮ることができます。ストロボにカラーのフィルターを塗りつけることで影を赤くして、被写体を赤いハイライトで撮ることもできます。自然の状態では絶対にありえないと思える光において撮影する方が可笑しいと感じる人も多いです。ワイヤレススト...