ブランド(Brand)コピーの没収品を公開、

ブランド(Brand)コピーの没収品を公開

 

みなさんは海外でブランド(Brand)のコピーを買った経験はありませんか?
海外のお土産、特に中国なら定番と言って良いほど、ブランド(Brand)コピーを買ってくる人もいます。

 

私も以前、シャネルと書かれた安物のスカーフをもらいた。

 

早速痛んでしまい、使えなくなりましたが、どうみても偽物でした。

 

 

さて、海外旅行から戻ったことがある人はご存知だとおもいますが、税関で持ち物をチェックされる。

 

この時、コピー商品は没収されてしまうのだ。

 

もちろん、中には精密につくられてコピーだと判明しなかったものについてはお咎めなし、と言う場合もある。

 

 

みなさんも一度くらいは見たことがあるとおもいますが、税関で没収された偽ブランド(Brand)品は処分される。

 

バッグや時計等は、切り裂かれたり、叩き壊されたりする。

 

無残な方式で処分されてしまうブランド(Brand)のコピー品、それでも国内に持ち込む人は後を絶ちません。

 

それを輸入して、販売してと、商売にしている人もいるそうですから、多様な手口を使って持ち込んでいるのだろう。

 

とにかくコピーでも欲しい人がいる限り、レプリカやコピーは、この世の中からなくなりませんよね。

 

 

以前、税関が没収したブランド(Brand)コピー品を一般に公開したと言うニュースもありました。

 

北九州市の門司税関ですが、ここが没収したブランド(Brand)コピー品を公開した。

 

すべてではないが、没収した財布(Wallet)やバッグ等、一部が公開された。

 

みなさんのなかでご覧になった方もいらっしゃるだろう。

 

ニュースでも取り上げられましたからね。