ブランド(Brand)コピーの没収品を公開続き、

ブランド(Brand)コピーの没収品を公開続き

 

ちなみに、この没収品を公開した門司税関ですが、鹿児島、熊本を除いて、九州、山口県の空港、又、港において、海外から入ってくる荷物を調べています。

 

この際、ブランド(Brand)コピー商品を発見したら没収しているのだ。

 

ですが、こんなに広い範囲で、ブランド(Brand)コピーを取り締まるのは大変だろう。

 

没収したその数も多いはずですよね。

 

 

ちなみに2009年においては、ブランド(Brand)コピー没収数は、過去最高だったそうだ。

 

その件数、1800件以上と言いますから、すごいですよね。

 

合計して5万5000点以上の偽ブランド(Brand)商品が発見されたのだ。

 

もったいないと言いますか、なんと言いますか、まあ、持ち込んだ人が悪いのですが。

 

 

このなかの1400点ほどが一般公開され、職員たちがブランド(Brand)コピー品のバッグを、ナイフで切り裂き処分する様子を公開していた。

 

中でも、中国から入ってきたコピー商品が全体の90パーセントになると言うことだ。

 

ですから、中国がコピー天国と言われていることも納得ですよね。

 

直接、人間が海外から戻った際に、持ち込む場合もありますが、小包等国際郵便によって、日本国内にコピー商品を持ち込もうとする場合も多いだ。

 

現在では、インターネット(Internet )も盛んですから、容易に海外から取り寄せられる。

 

 

又、ブランド(Brand)コピー商品は違法なだけでなく、犯罪組織の資金源になることもあるので、厳しく取り締まっているそうだ。

 

非核三原則のそうですが、買わない、持たない、そして、持ち込まないと言うことを誰もが守って欲しいと税関側は言っています。