ブランド(Brand)コピーを買わない為にその1、

ブランド(Brand)コピーを買わない為にその1

 

ヤフーの知恵袋や、他の掲示板でも、「ブランド(Brand)商品を買ったが、偽物かどうかわからないので、どうしたら良いか」と言う書き込みや質問を良く見かけます。

 

とっても安く手に入れてしまったので、不安で仕方ない人もいれば、使ってみたら、なんとなく粗悪品のようにおもえてきて不安になる人、多様な人がいらっしゃいます。

 

私も、あまりに安いブランド(Brand)品はやはりコピーではないかと疑ってしまうタイプだ。

 

 

それが、本物かコピーなのかは、その現物を見てみないとわかりませんよね。

 

質問してもネットの向こうの人はどう答えていいのかわかりません。

 

ただ、「その商品を何処で買ったのか?」とか、「ああ、その店なら疑わしい!」とか、そういうやりとりしかないのだ。

 

 

そうは言っても、自分が高いお金を出して折角購入した品がコピーであったら、そのショックは底知れないだろう。

 

お金持ちで沢山のブランド(Brand)品に囲まれている人なら、ひとつやふたつ、コピーがあっても諦めるだろうが、大枚をはたいて購入したたいせつな一品が偽物だったら、それは悲しすぎる。

 

偽物と言うことは、ブランド(Brand)価値もまったくない品物と言うことになってしまうのですから。

 

お金に困ったときに売ればいいと思って、おもい切って購入したロレックスが、本当は何の価値もない時計だとわかったら、それはショックだ。

 

もちろん、ブランド(Brand)品でないと言うことは、頑丈ではありません。

 

創りもきっと粗悪で、コピー品は、どれも長持ちしないだろう。