ブランド(Brand)コピーを買わない為にその2、

ブランド(Brand)コピーを買わない為にその2

 

特にバッグや財布(Wallet)等、縫製も甘く、使っているうちに壊れる可能性もある。

 

購入者にとっては、長く使うつもりでいたのに、とっても残念なことですよね。

 

そういう点も踏まえて、購入したブランド(Brand)品が、本物か、コピーか、心配で仕方ない場合、それははっきりさせておいたほうが良いかもしれません。

 

入手した経路が不安材料としてあったり、値段が安すぎることが不安材料としてあったり、不安になる原因がある場合、きちんと白黒付けたいですよね。

 

そもそも、値段が破格に安い場合、偽物である可能性を理解しつつ、購入したのであれば、その不安も大きいだろう。

 

そうかと言って、たいせつに使い続けたいから購入したのでしょうし、この辺の葛藤があるのは当然だ。

 

 

このように、自分が購入したブランド(Brand)商品が、コピー商品ではなく、本当に正規品であるのか、そんな悩みを持つ方が実に多いだ。

 

そんな方々の為に、その判断方式をご紹介しよう。

 

 

まず、本物かどうか、しっかりと知っておきたい場合はどうしたら良いであろうか?
ネットで専門店に相談したり、法律家に相談したりするのは間違っています。

 

もし、しっかりと判定してもらいたいのなら、「専門家に鑑定してもらう」方式が一番良いだ。

 

これが一番、確実な方式だ。

 

「専門家って何処にいるのかわからない!」そんな人はインターネット(Internet )で探してみると良いだろう。

 

又、電話帳、タウンページ等でも掲載されています。

 

やはり、実際に実物を見てもらって、判断してもらうことが一番ですからね。

 

お金は多少なりともかかりますが鑑定してもらって本物だとわかれば、今まで以上にそのブランド(Brand)品に対して愛着がわいてくるだろう。