ブランド(Brand)コピーを買わない為にその3、

ブランド(Brand)コピーを買わない為にその3

 

さて、専門家に頼みたくない、なんとか自分で判別したい、そんな方もいらっしゃるだろう。

 

そんな方の為に、幾つかコツをご紹介したいとおもいます。

 

 

ブランド(Brand)品の財布(Wallet)、バッグには一般的に言って、シリアルナンバーが刻印されています。

 

それはみなさんもご存知だろう。

 

このナンバーがなければ、コピー商品である可能性が高いだ。

 

又、保証書ですが、保証書はコピー商品でも添付されている場合が多いだ。

 

ですから、ここでチェックしたいのは、品物に刻印されているシリアルナンバーと、保証書に記載されているナンバーが一緒かどうか、とういう点だ。

 

 

又、ブランド(Brand)のアウトレット品は、他の商品と区別しやすいように、ブランド(Brand)のロゴの近くにアルファベットのRが、刻印がされている場合もある。

 

この場合のアウトレット品とは、ワンシーズンが終わって売れ残った品、在庫品のことだ。

 

デザインが古かったり、売れ残るほど人気がなかたり、そんな品だ。

 

こうした品物は正規の値段より安く売られています。

 

又、このR刻印ですが、ルイヴィトンの場合、新品やアウトレット品、関係なく全ての商品に刻印があるそうだ。

 

ですから逆にヴィトンでRの刻印がなかった場合、コピー商品かもしれませんから注意しよう。

 

まあ、本物を買いたいのなら、各ブランド(Brand)の直営店でショッピングすることだ。

 

これが一番、無難な方式だろう。

 

ブランド(Brand)品はそれなりに高い値段でしか購入出来ないから価値があるのだとおもいます。

 

「安く手に入れたい」とおもうこと事態が間違っているのかもしれませんね。

 

もし、安く手に入れることが出来たのなら、あまり細かいことは気にせず、自分がそれをブランド(Brand)品だと信じて使っていれば問題ないことだ。

 

偽物なのかもしれないと心のなかで思っているから、疑惑が大きくなってしまう気がする。