ブランド(Brand)のコピー商品が流通する理由その1、

ブランド(Brand)のコピー商品が流通する理由その1

 

ブランド(Brand)のコピー、みなさんは買ったことがありますか?
またはコピーだと知らずに買わされたことはありますか?
誰でもコピー品を一度や二度、見たり、触ったり、手にしたことがあるとおもいます。

 

 

さて、各ブランド(Brand)の直営店では、並んでいる商品にはまず、コピー品はないと思って良いだろう。

 

ここで言う直営店とは、例えば、グッチでしたら、「グッチグループジャパン」が運営している専門店舗のことだ。

 

有名デパートにはテナントで入っている。

 

例えば、高島屋、伊勢丹、東武等がそうだ。

 

こちらの専門店は、ほかのブランド(Brand)は置いていません。

 

ですから、グッチもシャネルも、フェンディも置いてあるお店は直営店ではないのだ。

 

ですが、よく勘がちがいしてしまう場合がある。

 

店舗の宣伝用チラシや、ネットHP(Site)に「GUCCI専門店」と書いてある店がありる。

 

これは単なるキャッチコピーであり、実際には多様なブランド(Brand)品を取り扱っていて専門店ではない場合だ。

 

もちろん、こうしたショップは「グッチグループジャパン」が運営しているものではありません。

 

又、ブランド(Brand)品が混在しているだけでなく、割引をしているショップは直営店ではないと思って良いだろう。

 

 

では、直営店以外のお店は、どうやって仕入れをしているのであろうか?
良くあるブランド(Brand)ショップと呼ばれているお店等は、どのようにして、何処でブランド(Brand)商品を仕入れているのであろうか。