着物の基本構造、

着物の基本構造

着物買取

 

 

基本的な着ものの構造は、一般的な衣服、すなわち洋服とは一線を画しています。

 

着ものと比較陥ることが多いドレスやタキシードと比較しても、その違いは明らかです。

 

これらの洋服の正装もなんとなく普通の衣服とは違う面がありますが、着ものほど着付けが耐え難いことはありません。

 

着ものは、世界的に見ても着付けが酷い、非常に敷居の高い衣服なのです。

 

 

そういう着ものの構造を見ていきましょう。

 

着ものの大きな特徴は、長着である点、袖の幅が非常に幅広い点、ボタンや留め金がない点です。

 

因みに、袖の下の部分のことは「袂(たもと)」と言います。

 

「袂を別つ」の袂ですね。

 

襟部分は「掛衿(かけえり)」「共衿(ともえり)」と呼び、その下部分は「本衿(ほんえり)」「地衿(じえり)」といいます。

 

胸の部分に該当する箇所は「前身ころ(まえみごろ)」といいます。

 

前身ころは左右の胸から下にかけての部分で、その中間部分で重ねるところを衽(おくみ)といいます。

 

左右の生地のそれぞれの端の部分ということになります。

 

 

また、着ものの肩口から裾にかけての長さは「身丈」といいます。

 

こういう身丈が、着ものの縦方向の長さになります。

 

一方、横方向の長さを表す「裄丈(ゆきたけ)」という言葉もあります。

 

裄丈は、肩から袖の裾にかけての長さをいう。

 

肩の部分だけの場合は肩幅、袖の部分の寸法だけなら袖幅といいます。

 

袖に関しては、この他にも袖の上部から袂の下部にかけた長さを意味する「袖丈(そでたけ)」、腕を通す部分の幅の「袖口(そでぐち)」、「袖付(そでつけ)」などがあります。

 

 

満足買取の買取プレミアム
出張買取を行っているところです。しかも『全国対応』が最大の強みですね。ネットで申込み、全国を巡回している担当者に直ぐに来てもらうシステムができあがっています。最低30分で伺いますと言うのはスゴイやる気のある買取専門業者です。

買取プレミアム公式ページ


満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】
ここも出張買取を行っている所です。出張買取をここも負けまいと最短30分で伺うと言うことです。ネットで申し込んで査定員に来てもらって着物の査定をします。査定は無料はもちろんですね。キャンセルも無料ということですから安心です。買取代金もその場で受け取ることが出来ます。

スピード買取.jp公式ページ


宅配着物買取ヤマトク
こちらは、宅配買取をしているところです。汚れていても、紋付でも着物関連品なら基本的に何でも買取りをしてくれます。ネットで申し込むと 無料で梱包キット(ダンボール等資材一式)が送られてきます。面倒な会員登録とかは無しで申込み出来ます。査定を断割られることがないと言うことで人気です。査定員が家に上がり込むのがイヤという人には気楽でいいですね。
全国対応、査定無料、送料無料で、まず無料の梱包キットを申し込んで、買取して欲しい着物類を詰めて送料無料で送り返すだけです。

宅配着物買取ヤマトク公式ページ


【着物買取】宅配買取の久屋
ここも宅配買取している久屋です。着物関連品なら基本的になんでもOKということです。こちらも、無料で梱包キット(ダンボール等資材一式)が送られてきて、買取してもらいたい物を詰めて送り返すだけです。

着物宅配買取の久屋公式ページ