襦袢の着方、

襦袢の着方

着物買取

 

 

長襦袢は、着ものを着る際の肌着になります。

 

肌着といっても洋服を羽織る時に身に羽織る下着のような感覚とは異なり、着ものの下に着る衣服といった方がいいかもしれません。

 

こういう長襦袢に関しても、着付けの際にはポイントがあります。

 

見えない部分だからと長襦袢をいい加減に着てしまうと、その上に着る着ものも着崩れしてしまう恐れがあります。

 

振袖の場合は、それほど長襦袢をしっかりと着付けておかないと形が整いませんので注意ください。

 

 

長襦袢の着付けに必要なものは、襦袢の他に伊達締め(伊達〆)または伊達巻き、衿芯、そうして紐です。

 

衿芯は、あらかじめ半衿の中に入れておきましょう。

 

 

長襦袢の着方は、ひとまず袖を通して衿元をあわせます。

 

その際に衿の後ろに注意し、埋め込み過ぎず、抜き過ぎずという状態を作ります。

 

とりわけ、抜き過ぎると品の無い印象に向かうため注意が必要です。

 

衿元の合わせは既婚者か未婚者によって異なり、既婚者の場合はやや空ける感じにし、未婚者は喉の凹みを包み隠すくらいに行う。

 

 

衿元をあわせたら、次に胸紐を行う。

 

位置は、バストより幾らか下です。

 

長襦袢には腰紐はありません。

 

そのため、胸紐の位置を間違えると衿元が壊れたりしんどくなったりしますので注意して位置を決めましょう。

 

 

その後は、上半身の緩み、背中の緩みを取ります。

 

胸紐を締めながら、ゆったりタイトにしていく感じです。

 

背中は背縫いを引いておくと良いでしょう。

 

 

最後に、胸紐の上に伊達巻き(伊達締め)を巻いて、衿元を安定させます。

 

この時、胸元にシワができていないか注意しておきましょう。

 

 

満足買取の買取プレミアム
出張買取を行っているところです。しかも『全国対応』が最大の強みですね。ネットで申込み、全国を巡回している担当者に直ぐに来てもらうシステムができあがっています。最低30分で伺いますと言うのはスゴイやる気のある買取専門業者です。

買取プレミアム公式ページ


満足価格!着物の買取【スピード買取.jp】
ここも出張買取を行っている所です。出張買取をここも負けまいと最短30分で伺うと言うことです。ネットで申し込んで査定員に来てもらって着物の査定をします。査定は無料はもちろんですね。キャンセルも無料ということですから安心です。買取代金もその場で受け取ることが出来ます。

スピード買取.jp公式ページ


宅配着物買取ヤマトク
こちらは、宅配買取をしているところです。汚れていても、紋付でも着物関連品なら基本的に何でも買取りをしてくれます。ネットで申し込むと 無料で梱包キット(ダンボール等資材一式)が送られてきます。面倒な会員登録とかは無しで申込み出来ます。査定を断割られることがないと言うことで人気です。査定員が家に上がり込むのがイヤという人には気楽でいいですね。
全国対応、査定無料、送料無料で、まず無料の梱包キットを申し込んで、買取して欲しい着物類を詰めて送料無料で送り返すだけです。

宅配着物買取ヤマトク公式ページ


【着物買取】宅配買取の久屋
ここも宅配買取している久屋です。着物関連品なら基本的になんでもOKということです。こちらも、無料で梱包キット(ダンボール等資材一式)が送られてきて、買取してもらいたい物を詰めて送り返すだけです。

着物宅配買取の久屋公式ページ