お彼岸とは、

お彼岸とは

 

お彼岸という言葉は知っていても、具体的にどのような意味なのかを知らない人が多いのではないでしょうか。

 

ここではお彼岸の意味などについて紹介ください。

 

お彼岸の時期は春分の日と秋分の日です。

 

正確にはそれぞれの前後三日間を彼岸と称しています。

 

仏教の教えから来たもので、日ごろお寺などと関係していない人にはわからないでしょうが、お墓参りをする日と考えておけばいいでしょう。

 

実家に位牌が置かれているのであれば、お供えものを持ってお参りをください。

 

お墓があれば、お参りと共々掃除をするのが一般的です。

 

お供えものは直接、屋外のお墓に供えてもいいですが、食べものなどは悪くなってしまいますから、注意が必要です。

 

お墓の掃除とお参りをした後で実家の仏壇のお供えものをする方がいいでしょう。

 

供えものとしてはお菓子がポピュラーです。

 

ご先祖様が食べられるわけはありませんから、仏壇を守っている実家の両親や兄弟に食べて味わうためのお菓子です。

 

仏事用のお菓子に限る必要はありません。

 

両親が好みのお菓子があればでもかまいません。

 

パッケージが全然華美ではなく、お菓子として上品なものを選びましょう。

 

インターネットの通販サイトやお供えものを取り扱っている店舗ではお彼岸に望ましいお供え用のお菓子が準備されていることでしょう。

 

日頃は仏教や亡くなった人について企てることが弱いかもしれませんが、お彼岸の日に思い出すことが重要です。

 

そのための日と考えてもいいのです。