お彼岸について、

お彼岸について

 

お彼岸は春分の日と秋分の日にお墓参りをすることだと理解している人も多いでしょう。

 

ただし、現代人にとってはそれも昔の行事に過ぎないのかもしれません。

 

インターネットで調べてみればお彼岸の日に何をしなければならないかが書かれています。

 

ただ、そのこと自体を知らなければ、なんの行事もないのです。

 

実家にお墓がある場合は、お墓参りのためのシーズンだと考えていいでしょう。

 

春分の日と秋分の日は祝日になっていますから、家族全員でお墓の掃除をするといいでしょう。

 

子どもたちにもお彼岸のことを説明するきっかけになります。

 

お彼岸ではお墓にお供えものをしますが、雨が降ってしまうとすべて濡れてしまいます。

 

いったんお供えをしてお参りをしたら、そのまま持ち帰っても構いません。

 

実家の仏壇に又もやお供えすればいいのです。

 

お供えものとして花やお酒もいいのですが、仏壇ならお菓子でも至って問題ありません。

 

ただ、仏壇にそぐわない派手なデザインのお菓子は避けておくべきでしょう。

 

亡くなった人が生前に大スキだったお菓子をお供えものとすることも少なくありません。

 

お父さんならビールやお酒、子どもであったら子ども用のお菓子などです。

 

いずれにしても、生前を偲ぶためのお彼岸と考えて間違いありません。

 

亡くなった時にはかなしい気持ちだけだったかもしれませんが、時間が経つにつれて冷静な気持ちになれるはずです。

 

仏壇に向かって手を合わせれば、昔のことが思い出されるでしょう。