お彼岸とお供え、

お彼岸とお供え

 

仏壇やお墓の掃除は毎日することが一番なのですが、現代人にとっては無理な場合が多いでしょう。

 

なのでお彼岸の日に合わせて、お参りをすることになります。

 

ただ、手ぶらでお参りするわけにはいきませんから、お供えものを所持していくのです。

 

お供えものとしては生前の好みに合わせてお酒やお菓子などを選ぶ人も少なくありません。

 

ただ、仏壇に供えても亡くなった人が食べるわけではありませんから、実質的には仏壇を守っている実家の両親や兄弟への贈りものとなります。

 

そのことを考慮してお菓子を選ぶことも少なくありません。

 

仏壇にも似つかわしく、食べても美味いお菓子です。

 

インターネットの通販サイトでチェックしてみると、お彼岸のシーズンに合わせて供えもののお菓子が販売されています。

 

上品なお菓子で、お年寄りにも好まれそうなお菓子が多いようです。

 

お菓子だけではなく果ものなどもお彼岸用のパッケージで販売されています。

 

そうしたら、お菓子などの食べものではなく、現金を包み込む場合もあります。

 

それぞれの家族に合わせて、何を供えものとするかを考えればいいでしょう。

 

お彼岸は毎年の行事です。

 

遠くに住んでいる場合や仕事が慌しい時はお参りすることが耐え難いこともあるでしょう。

 

でも気持ちだけは当たるために、お供えものをささげることも酷くありません。

 

昔からの行事だとしても現代の生活に合わせた対応をすればいいからです。

 

現代は、自分の家に仏壇がある人の方が短いでしょうから、お彼岸のことを図る機会がないのでしょう。