お彼岸のお参り、

お彼岸のお参り

 

お彼岸はお墓参りと決めている家族もいるでしょうが、多くの人にとってはからきし縁のある行事ではないでしょう。

 

勿論、ご先祖さまや両親のお墓があれば、お参りをしているはずです。

 

お寺の檀家であれば、お彼岸の時にお墓の掃除をしてお供えをすることが私たちの義務と言えるでしょう。

 

今生かされているのは、両親のおかげであることを再認識するための日としてお彼岸があるのです。

 

仏教の教義としてはお彼岸の意味は明確に説明変わることでしょう。

 

但し、そこまで詳しいことを考えなくても、亡くなった人を思い返すことでこれからの自分の人生を考えればいいのです。

 

お供えは何にするか迷うなら、通販サイトなどで販売されているものけれども十分です。

 

特別に高級なお菓子である必要はありません。

 

故人の好みだったお菓子やお酒でいいのです。

 

もちろん、仏壇にお供えしたお菓子はこれから摂るのですから、美味しいものを選んでおけばいいでしょう。

 

お彼岸には牡丹餅と決まっているわけではありません。

 

牡丹餅も美味いですが、日保ちがしませんから、もらった方も迷うことでしょう。

 

相手に喜ばれるお中元やお歳暮と同じように考えればいいのです。

 

お彼岸に良いパッケージのお菓子もたくさん販売されています。

 

落ち着いた箱に入れて貰うか、のしをかけてもいいでしょう。

 

地方によってお彼岸のお菓子は特色がありますが、それに無理してこだわらなくてもいいのです。