お彼岸お供えのお菓子、

お彼岸お供えのお菓子

 

現代人にとってお葬式は儀礼的なものかもしれませんが、現に身内に不幸があれば、自分のこととして降りかかってくる。

 

なのでやっと仏教というものに当たる気がします。

 

昔の人はお彼岸のお参りは当たり前のことでしたが、現代においては特別な理由がなければお参りをしません。

 

もちろん、お参りをするための時間的な制約もありますし、気持ちの問題もあるでしょう。

 

お彼岸が何のためにあるのかを機会あるごとに考えてみて下さい。

 

さて、お彼岸で仏壇にお供えをします。

 

お供えとしてはお萩や牡丹餅が一番無難ですが、一般に市販されているお菓子を買って行くことも失礼には当たりません。

 

仏事用のお菓子が販売されているからです。

 

勿論、仏事用だからと言って和菓子に限定しなければならないわけではなく、洋菓子でも構いません。

 

ただ、生菓子などは避けて、日保ちのするお菓子を選んだ方がいいでしょう。

 

パッケージは落ち着いた雰囲気の包みを選び、仏壇でも違和感がないものにすることを忘れないようにください。

 

実家には兄弟が暮らしているなら、お菓子を開けて一緒に食べながら仏壇に眠っている人の話をするのもいいでしょう。

 

仏教の教えではお彼岸にお参りをすると極楽浄土に伺えると説かれています。

 

但し、実際には今生きている人が会話をするきっかけを提供しているだけなのかもしれません。

 

それほど考えれば、積極的にお参りをするべきでしょう。

 

遠くに住んでいるなら簡単なことではありませんが、車で数時間の距離であればぜひお彼岸にお参りをください。