お彼岸に適したお菓子、

お彼岸に適したお菓子

 

多くの家には仏壇があります。

 

毎年、お彼岸の時期になるとお供えものをしている人も多いでしょう。

 

他所の家の仏壇ではなく、自分の実家の仏壇ならお彼岸でなくても気軽にお参りをしていいのです。

 

ただ、お彼岸の時だけ特別にお供えのお菓子を準備するのです。

 

お彼岸の時期は季節としては過ごしやすいのですが、お菓子は何でもいいわけではありません。

 

亡くなった人が好んでいたお菓子やビールなどをお供えることも多いのですが、お菓子はできれば日保ちがする種類を選ぶべきでしょう。

 

実家では兄弟が暮らしているなら、お彼岸のお参りに合わせて一緒に食事をするのも酷くありません。

 

お供えのお菓子も一緒に召し上がるのです。

 

牡丹餅やお萩は昔からお彼岸のお菓子として作られてきました。

 

購入するのではなく自分たちでも仕立てることができる簡単なお菓子です。

 

ただ、現代において牡丹餅にハマる必要はありません。

 

いろいろなお菓子があるからです。

 

お供えはお菓子に限っているわけではありませんから、何を選べばいいかわからない時は現金を包んでも構いません。

 

現代の状況に合わせればいいのです。

 

昔から行われてきたお彼岸ですが、現代人の生活にマッチしたものに変わっていくのは必然でしょう。

 

あなたはお彼岸にお参りに行きますか。

 

自分たちだけではなく子どもたちも全員連れてお参りをください。

 

そのことで次世代にお彼岸が引き継がれていくのです。

 

細かい作法などを細かく説明する必要はありません。