お彼岸と心、

お彼岸と心

 

お彼岸の行事は日本中、全く変わりません。

 

ただ、お供えのお菓子に地域性がある程度でしょう。

 

お彼岸にはお墓参りをして、その際に周辺の掃除をします。

 

お花とお供えを置いて、手を重ねるのです。

 

お供えは二つ折りにした半紙の上に置きます。

 

お菓子は亡くなった人の好みに合わせてもいいですし、自分が食べたいものそれでも構いません。

 

気持ちの問題ですから、価格も気にしなくていいでしょう。

 

現代において、日常生活の中で仏教の教えや亡くなった人のことを考える機会はほとんどありません。

 

やはり、自分の家がお寺などであれば別です。

 

また、久しぶりにお彼岸のお参りに行きは事前に連絡しておくといいでしょう。

 

仏壇にお供えするお菓子は実家の両親や兄弟が食することになります。

 

そのことを考慮してお菓子を選んでおくべきでしょう。

 

お彼岸が特別な日であったのは以前のことであり、現代においては必ずしも重要視されていません。

 

人によって考え方は違いますが、その流れは貫くでしょう。

 

精神的なよりどころとしての仏教は現代の日本でも消えてはいませんが、お葬式などをしなければならなくなった時だけ、そのことを思い出しているのです。

 

あなたにとって仏教徒はどういうものでしょうか。

 

自分の日頃の気持ちの中に仏教の教えを取り入れているでしょうか。

 

お彼岸という言葉の意味を理解することが目的ではなく、これまでお世話になった人たちへの感謝の気持ちを忘れないようにすることが重要なのです。