お彼岸の時期、

お彼岸の時期

お彼岸の時期は明確な決まりがあります。

 

仏教の教えとして昔から伝えられてきたのです。

 

1日の昼と夜の長さがおんなじと達する春分の日と秋分の日、そうしてその前後の三日間をお彼岸と言います。

 

お寺などではお彼岸に合わせて法話を話しているところもあります。

 

昔は多くの人がお彼岸にお墓参りをしたのでしょうが、現代はそれほど多くありません。

 

また、檀家ではなく観光としてお彼岸のお参りに巡る人もいます。

 

多くの人でにぎわうお寺もあるのです。

 

お彼岸はご先祖を敬うための日であると定められていますが、自分の親が敬うに値する人ではなかったと考えている人もいます。

 

そんな場合けれどもお彼岸は仏さまが自分たちの道を照らしてくれているのだと考えるべきでしょう。

 

そのことで何かが解決するわけではないとしても、心のよりどころを探り当てるきっかけとなるかもしれません。

 

お供えのお菓子は儀礼的にならないようにしよものです。

 

仏壇に手を仕向けることはご先祖様だけではなく今生きている自分たちのことを考える時間であると認識するでしょう。

 

仏教の教えを細かく考えたことが弱い人でも、お彼岸の意味を解ることで何かが浮き出るはずです。

 

地方によってお供えはお菓子では無く精進料理などを提供するところもあります。

 

親に対して宜しい思い出を所持していない人ならば、死んでからも振り回されることのないように余計にお彼岸について考えてみてはどうでしょうか。

 

およそあなたにとって無意味な時間ではないはずです。