お彼岸とあいさつ、

お彼岸とあいさつ

お彼岸でしばし会っていない親戚と顔を揃えることもあるでしょう。

 

そのような時には特別なあいさつは必要ありません。

 

気軽に言葉を交わせばいいのです。

 

お彼岸のお供えとしてお菓子を持参するなら日保ちのするお菓子を選ぶことをオススメします。

 

一気に召し上がるとは限らないからです。

 

やはり、子どもたちがいることもあるでしょうから誰でもが食べられるお菓子を選びましょう。

 

思い出深い人に見合う機会を提供できるのもお彼岸の役割かもしれません。

 

仏教の教えの一つなのでしょう。

 

お墓の掃除をして花を活けて、お供えを上げれば後は手を差し向けるだけです。

 

しんどいことではありません。

 

でも経験が薄い人は戸惑ってしまうことでしょう。

 

お寺に関係した人でなければ、日常的にご先祖様のことに思いをはせることはありません。

 

それが現代人として当たり前のことです。

 

自分のためにお彼岸があると考えてみてはどうでしょうか。

 

日常生活の悩みがお墓で手を仕向けることでなくなってしまうかもしれません。

 

無論、決して単純なことではないとしても、何かのヒントを掴むことができます。

 

誰かに聞いて味わうことで自分の中で整理ができることはよくあるのです。

 

お供えのお菓子であるお萩を食べながら、いろいろなことを考えてください。

 

現代人にとって仏教は身近でありながら、総じてわからないことばかりです。

 

激しくわかることで案外視野が開けてくるかもしれません。

 

そのために何をすべきか考えてください。