お彼岸のお菓子の特徴、

お彼岸のお菓子の特徴

お彼岸のお供えとしてお菓子が多いのですが、何でもいいと言うわけではありません。

 

お供え用のお菓子の特徴を考えてみましょう。

 

一般的には牡丹餅を始めとする和菓子をイメージする人が多いでしょうが、そこまで和菓子に嵌る必要はありません。

 

3千円程度の贈答用お菓子で問題ありません。

 

のしは仏事用ののしをしておきましょう。

 

お菓子屋さんに言えば直ちに用意できるはずです。

 

また、お菓子ではなく季節の果ものも定番です。

 

その他には故人が好んでいた食べものやお酒などをお供えしているケースもよく見かけます。

 

結論から言えば、お彼岸はこうしなければならないという決まりがあるわけではないのです。

 

自分の中で明確にイメージしてから、お菓子を注文ください。

 

インターネットの通販サイトでもお彼岸用のお菓子は取り扱っています。

 

日保ちがするお菓子であれば地方への発送もできることでしょう。

 

遠く離れていて、お彼岸のお参りができない状況であればお菓子を贈ってもいいのです。

 

お正月やお盆に又もやお参りをすればいいのです。

 

お彼岸の時期が重要なのではなく、故人をおもう気持ちが重要です。

 

また、そのことを通じて、今の自分を見直すきっかけとしよものです。

 

悩みがあれば、それを解消するヒントと変わることでしょう。

 

今更ですが仏教ではいろいろな悩みを解消するための仕組みが備わっているのです。

 

お彼岸にひとまずお墓参りをしてみましょう。

 

家族で行けばちょっとした旅行ともなります。