「新古車」について、

「新古車」について

 

軽自動車を出来るだけ安く購入したいと考えたときに、「新古車」を見つけ出す人も多いでしょう。
そういう場合、とにかく知っておいてほしいのが、新古者を上手に購入するということです。

 

 

「新古車」とは、ディーラーで試乗車や展示車として使用されていた車のことで、以前に誰かが所有していた車ではありませんが、 100%新車とも言えない、という少し変わった位置付けにあります。
そのため、需要は多いのですが、市場に正に出回っている数はいまひとつ多くないのが現状です。
その理由は、試乗車が業者全てにあるわけではないからです。
ディーラーが元々所有していた車なので、中古車業者へ見て取れることも初めてないでしょう。
上手に新古車を購入するには、ディーラーが運営する中古車業者に出向くことが確実です。

 

 

新古車のメリットというと、新車と概して貫く状態なのに、安い価格で購入出来るという点でしょう。
通常の中古車と比べると、もちろん値段は割高になりますが、購入する以前の扱いに心配がないということは、信頼出来る要素となるでしょう。

 

 

しかし、断じて心配しなくても喜ばしいというわけではありません。
たとえば、試乗車であったもので試乗中に車体が傷ついていたり、事故歴があったり、試乗頻度が多く走行距離が長かったりなど、確認する点もいくつかあるのです。
展示車の場合も多くの人が触れているので、傷がついて仕舞うこともあるでしょう。
とはいえ、通常の軽自動車の中古車と比べれば安心材料がそろっているので、新古車を捜す際はしっかりとチェックをして上手に購入しましょう。

 

 

モデルチェンジを狙う

 

軽自動車を買い換えようとしているのなら、モデルチェンジする時期を拾うと良いでしょう。
モデルチェンジの時期には、旧型車が安く手に入るので、中古車の購入を考えている人には朗報です。

 

 

しかし、ここで問題となるのが、モデルチェンジの時期を拾うといっても、その時期がいつなのかわからない、ということでしょう。
だが、モデルチェンジする日にちが敢然とわからなくても、その時期を予想することは一般の人もできます。
まずは、実際にどのようにして予想をするのでしょうか?

 

取り敢えず、気になる軽自動車が発売された日をインターネットなどで調べて下さい。
その軽自動車が発売されてから4〜5年以上経過している場合は、近々モデルチェンジする可能性が厳しいと考えられるので、注意しておきましょう。
また、自動車読み物や自動車に関するウェブサイトには、最新の情報が掲載されていることもあるので、必ずたくさんの情報を集めることが大切です。
その中には、製造会社サイトでモデルチェンジについて公表されていたり、製造会社の担当者がヒソヒソ教えてくれたりすることもあるようです。
どうしても欲しい車種があるのなら、ひとつひとつ見定めることが重要です。

 

 

モデルチェンジ前の在庫を拾うことで、軽自動車の中古車をやけにお得に買い換えることができます。
モデルチェンジした後の新車にこだわらない人にとっては、甚だ価値のある情報だと思うので、できるだけ活用してください。

 

 

履歴を確認

 

中古車の軽自動車の中には、「定期点検整備記録簿」がないものが、そこそこ多くの店頭で販売されていることを知っていますか?そのような軽自動車を見つけたら、手を出さないほうが良いでしょう。

 

 

ただし、その軽自車を気に入ってしまった場合は、どうにかしてその履歴を調べたいと考えるのは当然のことかもしれません。
そういう人のために、中古車の履歴を確認するときの方法を紹介します。

 

 

その方法は、現在のナンバープレートを管轄している陸運支局へ行って、「登録事項等資格」を交付してもらいます。
この資格は、簡単に言うと“自動車の住民票”で、「現在登録事項等資格」と「詳細登録事項等資格」の2種類あり、「現在〜」は車検証とざっと同様の内容が記されています。
履歴を確認するには「詳細〜」が必要になります。
「詳細〜」には、過去の所有者や使用者が記載されているので、これにより、前の中古車の持ち主が1人の“ワンオーナー車”か、持ち主が複数であったかが判明します。

 

 

それと共に、その車がどのように使用されていたかもわかることが出来るのです。
例えば、商用車や営業車として使用されていた場合は、購入しない方が良いでしょう。
例えば、前の所有者がペンキなど臭いの硬い荷物を積んでいた場合は、その臭いが取り切れていないことがあるようです。

 

 

情報としては、これだけ把握できていれば十分でしょう。
これ以上の情報は、“プライバシー保護法”の問題もあって苦しいようです。

 

 

自動車関連情報


月間見積もり数65,000件 業界トップクラス 新車見積もりの【オートックワン】


新車の無料見積ならオートックワン!


EBから新車見積もりができるので、複数メーカーを無料で気軽に見積もることも可能です。


情報入力は最短60秒でOK!


事前に見積もり金額が把握できるので、価格交渉もスムーズ!


また、最新の自動車の比較情報や購入ノウハウなどの情報も満載で、初めての方でも安心して、車選びをすることができます。


もちろん、メールだけのディーラーとの事前相談もOKです。あなたのカーライフを応援する情報を発信しています。



中古車の無料一括査定依頼【ズバット車買取比較】


ズバット車買取比較


愛車を最高額で売ろう!


ズバット車買取比較なら今乗っている車が、比較をすることで50万以上高く売れることも!?


一括査定依頼の申込だけで成果となるプロモーションですので、報酬も獲得しやすくなっております♪


ズバット車買取比較とは

全国150社以上の車買取業者へ、一括で査定の依頼ができ、各社の査定額を比較する事で売りたい車を最高額で売却できます♪


入力はカンタン1分! 累計利用者数100万人以上!現金10万円プレゼントキャンペーン実施中!!


査定依頼できる車買取業者。ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、ジャック、アップル、ビッグモーター、ユーポスなど、CMでもお馴染みの企業を含め全国150社以上!


今月の買取強化車種ランキング

【第1位】ホンダ「フィット」(ハイブリッドカー)
【第2位】スズキ「ワゴンR」(軽自動車)
【第3位】トヨタ「エスティマ」(ミニバン)
♪詳しくはこちら♪




激安新鮮バッテリー&蓄電パーツ市場


【業界最安値に挑戦中の激安バッテリー市場です】



激安バッテリー市場ではコンテナでの大量仕入れで市場価格の73%オフを実現しています!


ガソリンスタンドや整備工場での【バッテリー交換】は、2〜3万円は当たり前。


「キュキュ・・・」とエンジンのかかりが悪くなったなと感じたらネットで購入。


あがる前に自分で交換したほうが断然お得です。 難しそうなバッテリー交換も女性の方でも簡単に交換できます!



国産車バッテリー



『意外と知られていないバッテリーの鮮度とは?』


Q、同じメーカー・性能ならどこのバッテリーでも一緒でしょ?


A、いいえ!違います!


鮮度の低いバッテリーはすぐダメになります。鮮度の高いバッテリーで自動車・バイクの性能をフルで発揮しましょう!


※エンジン始動やオーディオなど電圧が上がれば高いパフォーマンスを発揮します。


大事なことなのでもう一度!!『 バッテリー品質 』 = 『 鮮度の差 』 です!


国産車バッテリー