ブランド(Brand)コピーの通信販売その1、

ブランド(Brand)コピーの通信販売その1

 

みなさんは、ブランド(Brand)ものがお好きですか?
一昔、ブランド(Brand)と言えば、グッチ、エルメス(Hermes)、又、ヴィトン、シャネル等が代表的なものでしたよね。

 

現在は、それらに加えて、多様なブランド(Brand)が存在している。

 

若い子の間で流行しているブランド(Brand)だと、知らないものもどんどん出て来ている。

 

 

私は、バブル時代に会社員として勤めていましたから、ボーナスでブランド(Brand)バッグを買ったこともありました。

 

今もそうだとおもいますが、ブランド(Brand)を持つのは、一種のステータスであり、持っているだけで自慢出来る。

 

又、女子社員同士、友達同士、ブランド(Brand)品を自慢し合うこともありました。

 

一個持つと、更に、次はあれが欲しい、これが欲しいと、物欲もどんどん出て来ます。

 

 

さて、ブランド(Brand)品にとって、どうしてもさけられない存在がコピー商品だ。

 

ブランド(Brand)のコピーと一言で言っても、道ばたで売られている千円ほどのバッグから、精巧につくられ本物と区別のつかないコピーまで存在する。

 

私たちの近辺にもブランド(Brand)だけでなく、コピー商品はあふれています。

 

多様なものに偽物が存在しる。

 

 

並行輸入店で、本物と偽ってコピーが売られていたと言うこともあるそうだ。

 

私たちのような素人には、精巧につくられたブランド(Brand)品は見抜くことが出来ません。

 

ですから、私たち消費者が自分で自分の身を守ることがたいせつだ。

 

コピー商品を買わされない予防策としては、正規代理店で購入するとか、信頼のおけるお店で購入するとか、そうしたことしかないだろう。