ブランドコピーの通販に気をつけようその1、

ブランドコピーの通販に気をつけようその1

みなさんは、スーパーコピーという言葉をご存知でしょうか?
ブランドの偽もの、いわゆるコピー商品の中けれども、精密に作られている大層レベルの高いコピー品をスーパーコピーと呼びます。

 

 

ブランドのコピーは安く支払えるようですが、スーパーコピーとなれば、大して安くはないようです。

 

たとえば、ロレックスのスーパーコピーですと、本もののロレックスの中古が貰えてしまうくらいの値段になります。

 

ですが、スーパーコピーなら新品で精密に作られているので、偽ものを好んで貰う人もいるようです。

 

そうでなければ、この商売は成立しないですからね。

 

 

スーパーコピーを購入し、そのブランドを見につけている優越感を楽しめるのかと言えば、そこは疑問です。

 

徹頭徹尾偽ものなのですから。

 

他人はごまかせても自分はコピー商品を見につけていることをわかっているのですから、なので優越感を行うことが出来るのでしょうか。

 

それとも、他人の目を騙すことが出来れば、それはそれで優越感なのでしょうか。

 

 

アンチスーパーコピー派の意見としては、「おんなじ金額なら本ものの中古を買ったほうが相応しい」ということです。

 

だって、中古とは言え、本ものなのですから。

 

 

今は、ネットオークションで中古品を安く、手に入れることが出来ます。

 

ですが、ネットオークションで買ったものが、とにかく本ものというわけでもないようです。

 

詐欺まがいの好意は日常的に行われているようですから、オークションでブランド品を貰うこともさほど安全ではありません。

 

 

 

ブランドコピーの通販に気をつけようその2

お金をかけずにブランド品を身に付けたい人は、本ものの中古を貰うか、スーパーコピー商品を貰うか、どちらかに分けるようですね。

 

スーパーコピーもいいから、ブランドものを身につける幸せを感じたいという方が、スーパーコピーの通信ホームページなどで購入するようですが、トラブルも多いと聞きます。

 

たとえば、商品の支払いをしたのに、その後、連絡が無く、お金だけ払わされたという被害もあります。

 

また、注文したものと明らかに違う商品を送って来るなどのケースもあります。

 

画像を見て、その商品だと思って注文したのに、「画像はサンプル」だったというケースも可愛らしくあります。

 

また、スーパーコピーと言いながら、届いたのは、安ものの粗悪商品だったというトラブルもあります。

 

 

こんなときの場合、そのブランドコピー会社にクレームを言っても無視陥ることが多いようです。

 

クレーム対応は基本的に断ち切るという悪質な会社もあります。

 

違う商品を送ってきたのに、返金してくれないところもあります。

 

 

再び乏しいことに、ブランドコピー購入のために先方にしらせたこちらの住所、名前、電話番号、メールアドレスなどを他社に売っている会社もあるようです。

 

注文に使ったメールアドレスにはその後、スパムメールが来るようになった人もいます。

 

犯罪、詐欺まがいのことを通じて、その会社が使っている銀行口座が凍結されたとしても、違う口座で堂々と仕事を再開している業者も多いとか。

 

懲りずに事業を再開している悪徳業者も多いようです。

 

 

 

ブランドコピーの通販に気をつけようその3

但し、どうなのでしょうか?
ブランド品ではなくコピーを買おうとするだけで、これ程リスクがあるなんて。

 

みなさんは、どうして思いますか?

 

ブランドはおっきい、ですからコピーでいいやと、低い買いものをしようとしたら、トラブルになって、結果、お金をだまし取られて丸々損をした人もいるでしょう。

 

コピーを買おうとしたこちらも悪いと思って、届け出ない人もいるかもしれませんね。

 

あんな詐欺行為をする会社が堂々と通販を続けられないように、被害にあった人は正しく警察に届けてほしいと思います。

 

自分が扱うためにブランドコピーを注文したのなら、こちらも注意程度ですむはずです。

 

躊躇せずに被害届けを生み出しましょう。

 

 

また、こんな悪質なスーパーコピーの通販会社は、悪質業者一覧があちらこちらのサイトで公表されています。

 

仮に、購入する意志がある人は、購入前に、そうした情報をチェックしてみるのもよいでしょう。

 

口コミ情報で小さい情報が流れていないか、ネットでその会社の名前を検索してみるのもよいでしょう。

 

 

ネットの通販はこんなブランドコピーものだけでなく、危険が付き物だと思ってよいです。

 

今はクレジットカードさえあれば、ネットでも買いものが極めて楽です。

 

ですから、購入のクリックを圧す前に「とっても必要なのか?」ととにかく、自問自答するべきなのでしょうね。

 

ネットで面白く買いものを積み重ねるためにも、被害に合わないように気をつけたいものです。

 

また、精度のない会社まずは買いものはしたくないですね。