ストロボとは、

ストロボとは

「ストロボ」の語源について説明します。

 

ストロボとは、放電発光によって内光撮影装置のことで、現在では大きく出回っているものです。

 

前もってストロボは放電発光によって回転数を測定する「ストロボスコープ」というものが語源となっています。

 

つまり「ストロボ」という言葉は登録商標です。

 

ストロボのことを一般名詞でいうのならば「エレクトロニックフラッシュ」とか「スピードライト」と言います。

 

 

カメラ製造会社まずは、ニコンやキャノンなどは「スピードライト」と言っています。

 

コニカミノルタは「フラッシュシステム」と言っています。

 

ペンタックスだけが「ストロボ」と表現しています。

 

 

ストロボが発光する仕組みは、ストロボの中に光を発行するための放電管や電気を貯めるために取り扱うコンデンサー、カメラのシャッターと連動させてスイッチをONにするトリガー回路からなっています。

 

シャッターを下回ることでシンクロ接点からトリガー回路が働いてコンデンサーに貯めていた電気が放電管へ流れて発光します。

 

 

ストロボの光は放電発光しているため発熱しません。

 

そのため冷光源とも呼ばれます。

 

瞬間的閃光のため高速の被写体に対してもストップモーションすることができて手ぶれ防止効果もあります。

 

光の性質は太陽光というのでフィルター補正の必要がありません。

 

ストロボ光はくりかえし使えるのでランニングコストが安いのもメリットです。

 

ストロボ自体が光の量をコントロールして適正に露出することが出来るものをオートストロボと言います。

 

ただし被写体の反射率によって露出が狂うことがあるので露出直しなければいけない場合もあります。

 

 

 

●目次

 

ストロボとは
ストロボスコープ
使い方
使い方その2
スローシンクロ
使い方その3
ストロボ光
外付けストロボ
ストロボ光の計算
ストロボの構造
光源の違い
小型ストロボ
小型ストロボその2
ワイヤレスストロボ
ワイヤレスストロボの魅力
ストロボの方向
撮影現場のストロボ光源
スタジオ用のストロボ
ジェネレータータイプ
ジェネレータータイプのつづき
光量の調節
ハイエンドジェネレーター
モバイルタイプ
ニッシンDi866 MARK A
シグマ EF-610 DGシリーズ
スピードライト320EX
逆光での撮影
ストロボの自由な使い方
ストロボフラッシュ
人気ランキング

 

 

 

ストロボスコープ

ストロボスコープは一瞬だけ点灯する光源に対して一定間隔で発光を繰り返し立ち向かうことができる装置のことです。

 

光源にはフラッシュランプとか発光ダイオードなどが使われます。

 

十分に物悲しい場所においてストロボスコープを使うと対象ものの変化や移動がコマ送り状態に見える。

 

そのため物体の移動、変化を長時間露光撮影したりビジュアライズしたりするために使われます。

 

周期運動しているものに使うとストロボ効果で対象ものの運動速度を見掛け上変化させて探ることができます。

 

 

産業界でのストロボスコープの用途としては、エンジンやモーターといった高速回転するものに対して回転数を計測するためや移動する物体の速度計測のために使われます。

 

主に鉄工所や自動車工場などで使われています。

 

学術や教育の分野での用途としては、高校のもの理教室や大学の工学部や理学部にて使われています。

 

理科などの教科書にはストロボスコープを使って撮影した写真が掲載されていることが多いです。

 

貫くものをストロボスコープで撮影する時々、もの体が光を複数回受けることで露出過多になって白くなりがちなので対象ものがしっかりと写らなくなります。

 

このような場合は背景を黒くするとか遠くするなどの対策をして撮影しなければなりません。

 

フラッシュメーターを使うことで被写体の露光量を探ることができます。

 

この場合の露出計は複数回の発光に対応できるものを使わなければなりません。

 

これを使うことで撮影前に適正な露出を作ることができるわけです。

 

 

 

使い方

基本的ストロボの使い方について説明します。

 

一般的にストロボは物悲しい所で扱う場合が多いと思います。

 

最近のデジカメでは内蔵露出計の程度が大層よくなっているので、大方の場合オートで撮影しても大丈夫です。

 

ただし本当に撮った写真をみてみると被写体が暗くなってしまったり、逆に被写体の色がとんだりしてしまうことがあると思います。

 

このようなことは被写体自体が黒っぽいときや白っぽいときによく来ることです。

 

原因としてはカメラの中にある内蔵露出計ではいつも18%のグレー状態で写そうとしているためです。

 

そのために白っぽい被写体の場合は黒っぽく写して、黒っぽい被写体の場合は白っぽくなるので色がとんでしまう。

 

但しこのような現象はストロボの調光補正を行うことでいやに改善することができます。

 

現在お店で販売されているほとんどの一眼デジカメ、コンパクトデジカメにはこの機能が搭載されていますから必ず試みるといいと思います。

 

単純に考えると被写体の色を見た目に近くするように写せばいいのです。

 

白い被写体の場合はプラス補正を通じて、黒い被写体の場合はマイナス補正をすることが基本操作です。

 

調光直しないで白いものを写すと黒っぽく写って、黒いものを写すといざよりも明るく写ってしまう。

 

写真を写すときに見て白っぽいものを写す時折プラス補正、黒っぽいものを写す時折マイナス補正ということを頭に入れておけばいいのです。

 

この考え方は露出補正と同じです。

 

写す被写体の画面に占める割合で補正値が変わってきますが、デジカメの場合撮影したものをアッという間に画面で確認できるため撮影したものを見ながら微調整することができます。

 

 

 

使い方その2

ストロボを使う時折、被写体との距離も大切になってくる。

 

被写体とストロボの距離があるときには、ストロボからの光が少量しか被写体に届かないため暗く写って仕舞うことがあります。

 

コンパクトデジカメのストロボを使う時折何より要注意です。

 

このような時折次のような方法が有効です。

 

因みにストロボの光が行きつく距離は数式によって計算することができます。

 

 

被写体に可能な限り近づいて撮影すること。

 

デジカメに絞り調整ができる機能がついていれば絞り値をできるだけ小さく設定しておくといいです。

 

ISO感度を激しく設定しておくこと。

 

ただしISO感度を激しくするとノイズが相当伸びるので注意してください。

 

たとえばISO100の状態ではストロボ量が少なくて暗く写ってしまった写真はISO感度を厳しく400として撮影すると、見た目というときの明るさで撮影することができます。

 

この場合シャッタースピードや被写体までの距離などの条件はすべて同じ条件で撮影しています。

 

 

また薄暗い場所でストロボによってシャッタースピードを速くして撮影すると被写体はきれいに撮影できてもバックが暗くなって仕舞うことがあると思います。

 

夜景を背景にして人ものを撮影したときなどせっかくの夜景が真っ暗に写ってしまってがっかりした経験のある人は多いと思います。

 

このような場合は、スローシンクロを使うと簡単に改善することができます。

 

スローシンクロの使い方は細かく説明していきたいと思います。