スローシンクロ、

スローシンクロ

スローシンクロ撮影を使えばストロボが行き届かない夜景などの撮影もうまく撮ることができます。

 

スローシンクロ撮影では物悲しい背景への露出はそのままで人ものなど近くの被写体にストロボを発光させる方法です。

 

スローシンクロを使うと被写体と夜景を共々適正な露出にすることができます。

 

ただしシャッタースピードが遅くなってしまうので三脚を使っての撮影が必須となります。

 

夜景を背景にしたときの撮影では露出時間を長めにしないと背景の適正な露出を得ることができません。

 

機種によってはマニュアル露出が出来るため、マニュアル露出機能を使って数枚試し撮りしてみてから夜景への露出を決めるといいと思います。

 

人ものへのストロボ光の設定に関しても光量を安定させることが出来るマニュアルが理想的です。

 

この際も数枚試し撮りをすることで光量を決めるといいと思います。

 

慣れてきたら人ものの露出と夜景を共に決めるといいです。

 

 

マニュアル露出を設定できない機種の場合、シーンモードの中から夜景を選ぶかストロボの設定をスローシンクロモードとしていくといいと思います。

 

ストロボの光が強すぎる場合、調光補正を使うかディフューザーを調整するといいです。

 

逆にストロボの光がくらいすぎる場合、ISOの感度を掲げるとか被写体に近づいて撮影するようにしてください。

 

オートでストロボ発光する場合は光量が不安定になってしまうので、枚数を多めに撮っておくといいです。

 

そうしてシャッタースピードが遅いとノイズが発生するのでISO感度を高めにしますが、大して高くしすぎるとノイズの原因になってしまうので努め撮りしてノイズの具合を確認しておくといいです。

 

 

 

使い方その3

そのままストロボの使い方基本編に戻ります。

 

レンズフード付きのカメラの場合、ストロボを使う際にはレンズフードを外して扱うことを忘れないでください。

 

そんなふうにしなければレンズフードによってストロボの光が遮られてしまって影ができてしまいます。

 

実際に一枚の葉っぱを撮影した例で考えてみると、レンズフードを擦り込みたままでストロボによってしまったことで葉っぱに一部影ができてしまいました。

 

レンズフードをはずしただけでこれは改善されて、きれいに葉っぱを撮影することができました。

 

 

次に背景に窓ガラスなど被写体を反射するものがある場合、真正面から被写体にかけてストロボによって撮影すると被写体にストロボの光が反射してしまい画像に写りこみます。

 

このような時折少し斜めの方向から撮影するようにするといいです。

 

斜めから撮ることでストロボの光が写りこむのを最小限に控えることが出来るからです。

 

 

時折きれいにとりたいというのならば「ストロボは使わない」といった記事をみかけます。

 

それはなんの工夫もしないでただストロボによる場合の話だと思います。

 

シーンごとに合わせてストロボを工夫していけば、見違えるほど写真をきれいに写すことができます。

 

ストロボに関連した便利機能はたくさんあります。

 

とにかく利用してお気に入りの写真を撮影して下さい。

 

カメラに付属しているマニュアルだけではなく、カメラ関係の雑誌も多数あります。

 

インターネットや書籍、雑誌などを参考にして多くの知識を得ることができます。

 

 

 

ストロボ光

撮影の際、ストロボ光は嫌われてしまうことが多いようです。

 

それはストロボ光が手強い陰影を組み立てるからです。

 

強い光のストロボ光を最高に瑞々しい状態にする方法があります。

 

それは斜め後ろに光を割振るバウンス発光です。

 

そうしてあんまり被写体に対して直接光を割りふるストレート発光についても考えてみたいと思います。

 

 

ストロボ光りを柔らかくするときに生きるやはり有名な機能として「ディフューザー」があります。

 

ディフューザーは乳白色の塩化ビニール版において作られているものでストロボの前にこのディフューザーをセットしておくことでストロボ光りを柔らかくします。

 

ディフューザーを実に使って試し撮りを通してみたところ、ディフューザーを使わないでストレート発光させたら被写体の強い影がでてしまいました。

 

次にストロボ発光部直前にディフューザーをセットしてみたところ、わずかに影が柔らかくなりました。

 

次にディフューザーをストロボ発光部から15cmくらい離してみたところ、影がやけに柔らかくなりました。

 

このようにディフューザーはストロボ発光部から逃がすと大きな効果を得ることが出来るのです。

 

ただ使えばよろしいというものではなく、ディフューザーもつぎ込み方次第というわけです。

 

これはストロボの光が前方に出向くほど広がって出向くことに関係しています。

 

みっちり光が広がったところでディフューザーにおいて拡散することができて白い壁、天井などにおいて散乱出来るわけです。

 

散乱した光は面積が広いほど瑞々しい光となって、影も柔らかくなるのです。

 

 

 

外付けストロボ

カメラには内蔵ストロボのものと外付けストロボのものがあります。

 

外付けストロボには様々な機能がついていて、内蔵ストロボをいかほど工夫しても外付けストロボよりも機能的制約が多いように思います。

 

内蔵ストロボの場合、同調速度の180秒分の1以下のシャッタースピードになってしまいます。

 

またストロボの光量を表すガイドナンバーが狭苦しいです。

 

半分とか4分の1などのマニュアル調光ができないことも内蔵ストロボの特徴です。

 

では外付けストロボの場合はどうなのか、クリップオン式のストロボを例にとって見てみましょう。

 

たとえば外付けストロボで撮影をすると内蔵ストロボよりも光量やガイドナンバーが著しいので内蔵ストロボでは届かないところでも撮影することができます。

 

最速のシャッタースピードによるとしてもストロボが同調できる機能を携帯しているので可愛い場所で絞りを開いて撮影することができます。

 

これを使うと背景をぼかして撮影望むときに役に立ちます。

 

外付けの場合ストロボの角度を差しかえることも可能だから、天井やレフ板などを使ったバウンス撮影をすることができます。

 

光量をマニュアルで設定できるので適正な露出がとれないときにもマニュアルで光量を決めて適正な露出にすることができます。

 

機種によっては、他のストロボの光を感知することで自ら発光する機能のスレーブ機能がついているものがあります。

 

外付けストロボから幾らか離れたところに内蔵ストロボを置いて発光させると同調させることが可能になります。

 

この機能をうまく使うことで様々な方向からストロボを発光させて写真の表現幅を広げることができます。

 

具体的にカメラの機種によっても異なりますが、外付けストロボを使うことで写真を表現する幅が伝わることだけは確かです。