ワイヤレスストロボ、

ワイヤレスストロボ

「ストロボ」はアメリカのストロボサーチ社の商標です。

 

但し日本国内においてはストロボという言葉が一般名詞のように浸透しています。

 

一般的にプロ用のカメラを覗いては一般向けのコンパクトカメラには概してストロボが内蔵されています。

 

物悲しい場所での撮影時に光を賄うために内蔵されています。

 

但し内蔵ストロボによって撮影すると、人ものの顔が光ってしまったり大笑い影が写ってしまったり背景が暗くなってしまったりすることがあります。

 

プロが取り扱うカメラにはほとんどの場合ストロボが内蔵されていません。

 

これはプロの世界それでは外付けストロボを使うことが当たり前だとされているからです。

 

趣味程度ならば内蔵ストロボでもいいのですが、仕事として扱う場合には外付けストロボがすばらしいという判断なのかもしれません。

 

 

外付けストロボは光が手強いことが特徴です。

 

カメラ本体から離して取り扱うことができることも大きな特徴であり、大きなメリットです。

 

撮影位置と光源を別にして撮影できるため自然光のもとで写すことができます。

 

ただしこのようにカメラとストロボを離して取り扱う場合には、カメラとストロボの間にケーブルが必要となります。

 

意外にこのケーブルが面倒で、カバンからケーブルを出してつながなければなりません。

 

ケーブルのとどく範囲内でしか使えないのでカメラ位置もある程度限られてしまいます。

 

スタジオの中だとすればまだいいのですが、屋外となるとはなはだ酷いです。

 

このようなときに活躍するのが「ワイヤレスストロボ」です。

 

ケーブルがないので、設置も自由にできますし、カメラから信号を出せば離れた位置でシャッターによって光らせることができます。

 

 

 

ワイヤレスストロボの魅力

ワイヤレスストロボではカメラからの赤外線信号を受信して、カメラから離れたところでシャッターによって発光するものです。

 

ケーブルを使わなくて嬉しいため自由に設置することができます。

 

少々済むものであればカメラ側から発光量を設定することができます。

 

ワイヤレスストロボのいい点は光を含めることが簡単に出来ることです。

 

スタジオ撮影を特別した場合ストロボの使い方としては光を償うために通じることが多いです。

 

物悲しい場所や逆光で撮影するなかには被写体を照らすことで明るくしたり、直射日光が強くて影が力強い時折影を照らすことで軟らかくしたりして使います。

 

ただしそれだけではありません。

 

フィルムで撮影するのはさっと勇気がいりますが、デジタルカメラならば撮影したその場で編集、削除が出来るため駄目な場合は削除すればいいのです。

 

その点デジタルカメラの場合は、光を用いいくらでも試して遊ぶことができます。

 

デジタルカメラとワイヤレスストロボを組み合わせて扱うことでカワイイツールとなるのです。

 

 

ワイヤレスストロボを使うにはカメラ側から外付けのストロボに信号がだせる機能が必要です。

 

内蔵ストロボが付いていてそれがコマンダーとして助かるカメラの場合、外付けストロボと合わせて光源が2つになります。

 

外付けストロボのみの場合光源はグループになってしまいます。

 

これは少し悔しい気がします。

 

このように2つの光源を所持している機種は数少ないです。

 

メーカーや機種が思い切り限られているので一概に調べて取り扱うことが必要です。

 

 

 

ストロボの方向

室内灯だけ無く、背景の壁も黒っぽいような物悲しい室内で人ものを撮影する場合、ストロボを使わないとぜんぜん何も写りません。

 

但しストロボをただ焚けば宜しいというものではありません。

 

ストロボの正面照射は絵的にみて平面に写って仕舞うため面白味がありません。

 

ストロボは正面からあてはいけないのです。

 

更にカメラに内蔵されたストロボで行うのはだめ。

 

被写体のアゴの下や壁などに影ができてしまいます。

 

うす物悲しい室内においてはストロボの正面照射はしてはいけないことです。

 

ただし内蔵ストロボの場合は正面照射しかできないため、ワンランク上の写真を撮影したいと思う人はともかく外付けストロボを使うといいです。

 

外付けストロボの場合、発光部分を回転することができて照射角度を乗り換えることができるのです。

 

照射角度を変えると壁にかけて光を反射させてから被写体に照射するという「バウンス発光」をすることができます。

 

 

バウンス発光をする場合のやり方とコツについて説明します。

 

取り敢えず撮影しよ被写体にどの向きから光を反射させるか考えます。

 

光を反射させる壁、天井などに被写体とダブる色がないかチェックします。

 

黒色は反射諦めるので注意してください。

 

反射させるような場所がない場合には白色や銀色の紙あるいは布を通して代用します。

 

ストロボの照射距離が長くなりますから、その点を一概に考慮して露出補正するようにしてください。

 

撮影をする前にあらかじめ写真のイメージを決めておいてどのように被写体に反射光があたるか考えてから行うといいです。

 

 

 

撮影現場のストロボ光源

写真用の光源として多く用いられているのがストロボ光源です。

 

プロの撮影スタジオなどでも照明機材として平凡に使われています。

 

撮影用に使われているストロボには種類や目的をいくつかに隔てることができます。

 

コンパクトカメラにある内蔵ストロボについては、被写体の光が不足しているときに発光させることで一定の画質を確保する目的があります。

 

このような場合は、ライティングを気にするよりもフォーカスを仕向けることがメインの光の強制照射になります。

 

 

広告やファッション関連の写真を撮影する際にも当初は高速閃光出来るストロボに注目が入り込みましたが、その後は安定して扱うことが出来るデーライト光源としてメリットが盛込みられています。

 

ストロボ光源の放電管から発している光は太陽光線という特性があります。

 

ですからデーライトタイプになっているカラーフィルムも取り扱うことができますし、調光ボリュームを通じて発光量を調節したとしても色温度がそれほど変わりません。

 

これは撮影に最も適した特性と言えます。

 

現在ではほとんどの撮影スタジオにおいてストロボが標準的な照明器具になっています。

 

 

機材についても電源のジェネレーター部と発光するフラッシュヘッドを分離しているスタジオ撮影向きのタイプ。

 

ロケに扱うジェネレーター部とフラッシュヘッドが1つになっているモノブロックタイプがあります。

 

パソコンから調光や色温度のコントロールなどを制御出来る技術も普及して再び進化を遂げています。

 

関連アクセサリーも多数開発されています。