オークション(Auction)のブランド(Brand)コピー品に注意しようその5、

オークション(Auction)のブランド(Brand)コピー品に注意しようその5

 

ブランド(Brand)品の多くはネットでも購入出来ます。

 

ネットだと安いと言っても、現地の直営店よりも安く仕入れることが出来るのかと言えば、それは不可能だろう。

 

とにかく、常識的に考えて安すぎるものには軽いおもいで購入してはいけませんね。

 

オークション(Auction)でも安すぎた場合、安易に入札せず、「待った!」と言うおもいで参加しよう。

 

もちろん、中古品等はブランド(Brand)でも安くなっていますので、オークション(Auction)に出されているすべての品がコピーと言う訳ではありませんので念の為、触れておきますね。

 

 

質屋さん等は、偽物を判別出来るそうですが、それも完璧とは言えません。

 

質屋さんだってだまされてしまうこともあるそうですからね。

 

では、こうしたブランド(Brand)のコピー品を見分けることは素人でも可能なのであろうか?

 

見分ける方式をネットでも掲載しているページがある。

 

ここを見れば、本物かコピーかわかると、その方式を情報公開しているHP(Site)もある。

 

ですが、それも直接手に取って見てのこと、ネットオークション(Auction)で画像を見ただけでは何とも言えません。

 

 

オークション(Auction)の商品説明に「本物」ですと書かれていない場合、あらかたがコピーだと言われている。

 

個人ではなく業者が出品している場合も同じだ。

 

本物だと言って、コピーを売る、日本では、この行為があまりに多いだ。

 

ですから、コピー大国と言われているのだろう。

 

では、見分ける方式、その正確方式は存在するのであろうか?
残念ながら、答えは、ノーだ。