ブランド(Brand)コピーの通信販売その3、

ブランド(Brand)コピーの通信販売その3

 

製作にも一流の素材を使っていると言う。

 

例えば、ヴィトンのコピー品、本物ヴィトン工場と同じ材料を使っています。

 

そして、腕時計においては、本物と同じムーブメントを使っています。

 

ですから、品質も本物と同じになるそうだ。

 

まあ、コピーはコピーなのですが、本物そっくりなら良いと言う人の為であろうか。

 

 

この会社のモットーは、「常連に安心していただける、信頼していただけるコピーをご提供すること」だと言う。

 

しかも、購入後のアフターサービスもあり、品質に問題があれば、交換等の対応もしてくれる。

 

ここまでしっかりした会社ですと、もはやブランド(Brand)コピーの域を超えている気がする。

 

ですが、所詮、本物ではないのですから、「それでもいいから!」と購入するのか、やっぱり本物じゃないと意味がないとおもうのか、それは、人個々だろう。

 

なかには、本物を持っているが、使うことがもったいないので、わざわざブランド(Brand)のコピーを購入して普段使いにすると言う人もいます。

 

本物のブランド(Brand)品を持ち歩いて、汚したり傷をつけたりするのが嫌と言う人もいます。

 

それも私にしてみれば、おかしな話だとおもいますが、そういう方もいらっしゃるそうだ。

 

 

一般、ブランド(Brand)のコピーを販売している会社はこそこそ営業していますが、この会社のように通信販売で堂々と世界にむけて販売している会社も珍しいとおもいます。

 

コピー販売の会社は世界中に沢山あるそうだ。

 

ブランド(Brand)があれば、そこには偽ブランド(Brand)が存在する、いたちごっこのようなものだろう。

 

コピー品を求める人がいる限り、コピーをつくる会社は生き続けるだろう。