ブランド(Brand)のコピーを買うのは違法?その1、

ブランド(Brand)のコピーを買うのは違法?その1

 

ブランド(Brand)品のコピー、身のまわりで結構売られている。

 

海外で購入してくる人も多いそうだ。

 

まあ、偽物とわかっていて買ってくる人があらかただろうが、中には本物だと偽られ、悪徳な店で知らずに偽物をつかまされた人もいるだろう。

 

そんなことが後でわかったら、ショックですよね。

 

本物のブランド(Brand)品だと思って買ったのに、よく見たら縫製が甘かったり、つくられた国が違っていたり、そんなことは日常的にあるそうだ。

 

 

さて、本物だと思ってブランド(Brand)を買わされてしまったら、あなたは被害者ですよね。

 

ブランド(Brand)のコピー商品を製造、販売するのは法律に違反していますからね。

 

 

では、最初から偽物と知っていながら、コピー商品を買った場合はどうであろうか?
これは犯罪になるのであろうか?
海外旅行で購入する人も多いなか、こうしたことが心配になっている方も多いとおもいます。

 

例えば、それを販売目的にコピー商品を買っていたら、それは犯罪になりそうですよね。

 

又、自分で使うためだけにコピーを買った場合も、罪になるのか、ならないのか、その辺を調べてみました。

 

 

みなさんが気になっていることは、ブランド(Brand)コピー商品が売られているお店で、コピー商品だと知りながら購入することが、刑罰対象になるかどうかですよね。

 

 

それには、まずブランド(Brand)が持つ権利についてお話ししよう。

 

さて、コピー商品が流通しているような有名ブランド(Brand)品の多くは、商標権と言う権利によって、ブランド(Brand)が保護されているのだ。