ブランド(Brand)のコピーを買うのは違法?その2、

ブランド(Brand)のコピーを買うのは違法?その2

 

では、この「商標権」とは何であろうか?
それは、ブランド(Brand)等のメーカーが、長い年月をかけて蓄蔵してきた信頼だ。

 

商品やメーカーそのものに対する顧客の信頼度を権利にしたものだと思って良いだろう。

 

まあ、一般にブランド(Brand)価値と言うものが存在しますが、それを権利化したものだ。

 

 

商標権には、資産的価値がある。

 

商標権を所有している者以外、他人がまねすることは法律で禁じられているのだ。

 

ブランド(Brand)と同じものをまねしてつくること、又、類似した商標を使うことを禁じています。

 

ですから、ブランド(Brand)のロゴをまねて使用すること、コピー品を創り販売することは、法律違反だ。

 

 

ですから、他人が勝手に登録商標を使用する行為は「商標権の侵害」となる。

 

これは、犯罪ですから、10年以下の懲役、そして1000万円以下の罰金になる場合がある。

 

商標法と言う法律では、商標権侵害行為を助長する行為も規定している。

 

これを「みなし侵害行為」として、反した場合、5年以下の懲役、そして、500万円以下の罰金となる場合がある。

 

では、話は最初に戻りますが、あなたがブランド(Brand)のコピー商品だと認識していた上で、個人的に購入した場合、その行為はこの商標法によって禁止されているのであろうか?

 

商標権の効力ですが、これは、「業として」執行する権利を独占して所有することにあります
商標法違反の対象とされる行為は、侵害行為だけでなく、「みなし侵害行為」も「業として」行なわれる場合でなければなりません。